フェチってやつは…

 私は、言葉オタクだ。喋り言葉が大好きだ。
電車の中でイイ言葉に出会った時は、降りる駅を忘れるくらいその言葉をずっと反芻して、その言葉が少し変化したバージョンとかを妄想して、もう目がキラキラしてしまう。

 この前サラリーマン2人が並んで、
「アダルトの方っすかねえ」
「どう考えてもアダルティー的なアレでしょう」って言ってて、もうそのやり取りに萌えて萌えて。
何の話をしてるのかもよく分かんないところとか、車内でアダルトって言っちゃう感じとか、アダルトに「~方」つけた濁し方とか、アダルトがアダルティになっちゃう感じとか、アダルティーなアレでしょうっていう「ア」の連続とか。もう最高で、そのあとずっと1人で脳内でこのやり取りを繰り返して悶絶していた。

…フェチってやつは。

 そう、こんなレベルのしょうもない言葉で全然いいの。どこかいびつであれば。どこか予想外な言葉を放つ人であれば、もうそうしたら続く気がする。

 若いのに一人称がたまに「わたし」な男とか、「腹減り減り腹」みたいなアホみたいな言葉遊びをしちゃう人とか、もうすげー好き。
そうだな、「腹減り減り腹」一つで恋にまあまあ落ちちゃうな私。
とか、擬音を多用する人とか。
「バーンてしたときに、すごいウゲッって思ったのね」なんて言われたら一晩お相手願いたい。

 一風変わった言葉使いをする人が本当に好きです。
これでした、私のタイプはこれでした。
そうかそうか、どおりで「面白い人」「優しい人」そんな定型文じゃピンと来ない訳だった。

 さあ、あなたも己のフェチを探ってみたら?「これさえ満たしたら、他は目をつぶれそう」が見つかるかもしれない。共感してくれる人は少ないかもしれないけれど。

 私のことを、「娘さん」と呼ぶ彼氏が昔居ました。なぜ私のことを「娘さん」と呼ぶのか謎でした。でも彼が私のことを娘さんと呼んでいなかったら、あんなに長いこと一緒に居なかった気がする。
彼は、私以外の人やモノも変な呼び方をする人でした。彼のことはあまり思い出さないけれど、彼が「これのことを○○って呼んでたなあ」はよく思い出します。

 フェチってやつは。

Text/舘そらみ

あなたのフェチを刺激する男性がいるかも!

AM編集部がプロデュースした女の子のための恋愛応援アプリの「Poiboy」は、女性同士で気になる男性をオススメし合い、好みの人を見つけてコミュニケーションができるアプリです。
気になる男子をポイ(フリック)する「お気に入り登録」や、お気に入りの男子をグループ分けして楽しむ「コレクション機能」、仲良くなりたい男性とだけできる「メッセージ交換」など、恋愛に受身な女性でも気軽に楽しみながら利用することができます。
「Poiboy」はApp Storeでダウンロードすることができます。Android版も近日中に登場する予定!

 GWでカレとの初お泊り。絶対にかかせない○○とは?

前後の連載記事