Loading...

心が動いて明日の活力になるなら、悲しみよこんにちは

悲しみよこんにちは

肉乃小路ニクヨ 恋愛 ニューレディー おネエ 淑女 悲しみ 感情 心が動いて明日の活力になるなら、悲しみよこんにちは torbakhopper

 この原稿が載るのは、私が今準備している肉夜会が終わった翌々日ですね。
私はニューレディーとしてリップシンク(口パク)でショウをする以外にも、生歌でもショウをするんです。
肉夜会はそんな私の生歌だけのイベントです。
今回のテーマは「悲しみよこんにちは」というものでした。

「悲しみよこんにちは」は言わずと知れたフランソワ・サガンのデビュー作ですが、私はあまり読書家ではないのであらすじだけで、本編は読んでいません(読めよ)。
先輩のブルボンヌさんに甲府駅で撮ってもらったアンニュイな写真をなんとなくビジュアルイメージに使いたくなって、そのイメージから浮かんだ言葉が「悲しみよこんにちは」だったのですが、それをテーマに今回は構成を考えました。
いい加減なものですね。ふふふ。

 構成を考える際、「悲しみよこんにちは」と謳ったので、まずは今まであった、純粋に悲しいことを思い出して並べてみようと思いましたが、単純に悲しいだけのことってほとんど無いんですよね。
私の場合、悲しい中にも面白さや笑いを発見してしまったり、悲しいけど、周りの人に優しくされて、暖かいな、幸せだなと思うことが必ずありました。

 逆に悲しみの反対は幸せな時間かと思いましたが、そうでもありません。
幸せな瞬間にも、こうだったらもっと良かったのにという悔しさもありますし、苦しさ、辛さがあったからこそ幸せを感じるということもあって、幸せの最中にそのことを思い出します。

いろいろな味が交じり合う人生

 人生というものは単純な感情に溺れるといった瞬間がほとんど無いのです。嬉しさと悔しさが同居していたり、悲しみと喜びが同居していたり、いつだって幾つかの味が混じり合って人生を彩っているのです。それはまるで料理と似ています。

 一般に美味しいと思う料理は単調な味付けではなく、一口の中に酸味、塩味、辛味、甘味、苦味、旨味などが上手く調和したものです。
あらゆる感情というのは宇多田ヒカルさんも歌っている、
Flavor of life.
だと思うのです。

 そう考えると、悲しみの反対は味気のない状態、感情が何も起こらないという状態です。
つまり、何も起こらない状態が悲しみの反対であり、喜びの反対でもあり、あらゆる感情の反対といえるのです。

前後の連載記事