Loading...

これって本命?曖昧な関係にしたい男はマイルストーンを遠くに置く

大泉りかコラム

わたしが気まずいなと思うことのひとつが、友人に「いま付き合っている人」についての悩みを相談され、しかしよくよく聞いてみると、「それ、実は付き合ってなくない?」という場面に遭遇することです。

「彼氏には奥さんがいるんだけど、それはさておき、最近、他の女と浮気していたことが発覚して大喧嘩した」とか「いま付き合ってる人は、誘えばデートしてくれるんだけど、向こうからは連絡してきてくれない。なんでだと思う?」とか「彼氏に会いたいっていうと、いつも『仕事が忙しい』と断られるんだけど、急に『明日の夜って暇?』と誘いが来た。でも予定がもう入ってる。どうしよう、やっぱり彼氏を優先すべき?」といった話を聞く限り、向こうからすると恋人という認識はなく、むしろセフレボックスに入れられているのでは? とつい訝しんでしまうのですが、本人が「付き合っている/恋人だ」と認識しているならば、それを否定することもない。
だって、そもそも「付き合う」という定義自体があやふやです。「恋人として付き合っている」「結婚を前提として付き合っている」「セフレとして付き合っている」って、いろいろな「付き合う」があるではないですか。

「彼氏(彼女)になりたい」「了承しました。今後は彼氏彼女として付き合いましょう」という意思確認があったり、まわりの人々に「わたしたち、お互いに唯一の存在として付き合ってるんです」と周知していれば、堂々「付き合っている」ということになるのでしょうが、現実はもう少しあやふやで、「付き合ってるか、付き合ってないか、わからない」ということも多いし「付き合っていても、お互いに一番という確約はしていない」という状況もある。

「付き合ってる・付き合ってない」は本人次第

関係のあやふやさを楽しめるうちはいいけれど、「あやふやではもう我慢できない、なのに、相手ははっきりしてくれない」という状況に面した場合、「ふたりで会っている/セックスをしている」ということから「付き合っている」というポジティブ解を導き出すか、「決定打がないから、付き合ってない」というネガティブな決定を下すかはその人次第です。
セックスはまだしていないし、なんならふたりっきりで会う機会すらないのに「付き合ってる」と判断するのは、さすがに認知が歪んでいると言わざるを得ないけれど、実際にふたりで会ってセックスまでしているのならば、男と女として「付き合っている」ことは確かでもあるし。

かといって相談されたほうは、無責任に応援もしにくい。だから、「勝手な男だね。それでいいの?」「もっと大切にしてくれる人、いるんじゃない?」くらいにやんわりとした感想を伝えるわけですが、「でも彼は、『いつか奥さんとは別れる、将来の介護は君に頼みたい』って言ってくれたことがある」「でも前に、わたしの出身地の話をして、いつか一緒にいけたらいいねって言ったら『そうだね』って頷いてたし」なんていう、果たして実行される日が来るのかわからない約束の言葉に縋った弁証を出されては、信じる道を行けとしか言いようがありません。

前後の連載記事