Loading...

当日サクッと誘える女になろう!好きな人に送るLINE講座

 さぁ、今日は特別編として女性のためのLINE講座をしようか。

 この企画では、気になる男性をオトすためのLINE術を期待されているのでしょう。

LINEで仲が劇的に向上することはない

ファーレンハイト LINE AM3周年 既読 未読 Guian Bolisay

 まず頭に叩き込んでほしいのは「文字のやり取り」で相手の好意を上げていくのは至難の業ということです。
ましてや”オトす”とかほぼ不可能。トリッキーな方法は相手を間違うと即死です。

 相手の反応が見えないテキストの世界では「何かを仕掛ける」行為は向いていない。
自分が思っている以上に、キモがられてる可能性がありますからね。

 よって、LINEにおいては夢を捨てて「振る舞い方」のみに気をつけてほしいと思います。

会うまでのツールに位置付ける

 さて、文字だけで自分が操作したい方向に誘導するのが、ハンパなく難しいということを前提に何が出来るか?シンプルに「会うまでのツール」として割り切ってください。

 ウダウダしたやり取りを抜きに「ふたりで会いたい」という気持ちを伝えることが何よりも重要なことです。

 よく女の子がやりがちなのは「用件がないメッセージ」。業務的なやり取りは寂しいものですが、女の子だってどうでも良い男からのLINEは中身を見る前から返信が億劫ですよね?
相手の懐にもぐりこめていない段階でこれをやるのは悪手です。

 また、大体において「気に入られたい」と思った人に対する何でもないLINEは下手(したて)に出てしまうものじゃないでしょうか?
相手に合わせるだけの返事や、何か送りたいと思って悩みに悩んで近況報告メッセージを送ってしまったり。クソつまんないですよね。

 LINEのやり取りのなかで自分の良さを伝えたいと思ったり、相手のことをもっと知りたいと思う気持ちは当たり前のことです。
だけど、現実として不確定要素が大きすぎます。ここには一般的な男性のメンタリティーが影響しています。

男は些細なやり取りが苦手

 個人差はありますが、一般的な傾向として男は些細なやり取りを重ねていくことが苦手です。
俺は女っぽい部分があったり、マメな方なのでわりと出来るクチですが、それでも気分に左右されます。

 メッセージの往復は思っている以上に男性にとって「めんどくさいもの」なんです。
何か用件が決まるまで、相手は不毛なやり取りをしていると感じているくらいに思ってもいい。何時間もLINEの往復を重ねるなら「会った方が早いだろ」みたいな。

 だから「用件=会いたい」を伝えるべきだと思います。些細なやり取りを大事にしていくのは、付き合ってから。
(ただし、自分が好意を持っている子や、人間的に面白いと思っている相手にはその限りではありませんけれど)

お誘いはガッツリと予定を押さえにいくよりも、直前で

「会ってくれないんだもーん」という声が聞こえてきました。男も女もぜひとも会いたいと思う相手でなければ、予定を組むのも億劫ですよね。

「今週か来週末、空いてる?」「ごめん、ちょっと埋まってるー」

 こんなシーンで代案が向こうから出てこない場合は、脈は薄いでしょう。
ただ、こういう相手に会えないのか?というとそうでもありません。

 予定を事前に押さえて会うのは面倒でも、サクッと行く分にはOKというラインの関係性があるんですよね。
尊重されているとは思いがたいですが、まぁ向こうの方が立場が強いときはしょうがない。そこを取っ掛かりにひっくり返していこうよ。

 そこで重要なのは「ヒマなときに思い出してもらえるか?」です。加えて言えば、「サクッと誘ってみても気後れしない関係か?」ということです。

 お誘いを重たいアクションとして捉えずにさくっと「今日、空いてる?」と送ると、何気に「いま飲んでるけど(まだ仕事だけど)22時からなら大丈夫ー」とか返ってくるもんですよ。
けっこう予定が詰まっている人でも、ポッカリ空く日ってあるんですよ。

 サクッとした誘いを断られても軽く流して、何回かそういうやり取りをすれば、けっこうチャンスの間口は広がると思いますよ。

 話はそれますが、一部の男性は酔っぱらうと女の子に電話をします。俺です。
むっちゃ迷惑な話ですが、このときに顔が浮かぶのって間違いなくお気に入りの娘なんですよね。
リリーフランキー師匠の言葉を借りるとYOT(酔っぱらうと思いだすタイプ)です。YOTになりましょう。(望んでいない都合の良いセフレはアカンで)

前後の連載記事