本命と結ばれる鉄則「恋愛は選挙じゃない!モテとマッチングは別物」

オクテ女子のための恋愛基礎講座 アルテイシア
『オクテ女子のための恋愛基礎講座』/著:アルテイシア/出版社:幻冬舎

『オクテ女子のための恋愛基礎講座』が発売になりました。
発売に併せて、新刊より「はじめに~恋愛は選挙じゃない!モテとマッチングは別物です~」をお送りします。ピッタリの本命と結ばれたいオクテ女子、必見!

安いモテテクに釣られるのは所詮ザコ

 本書を手にとった皆さんは「彼氏がほしい」「結婚したい」と(多かれ少なかれ)思っている人たちでしょう。
私の周りにも「恋愛願望や結婚願望はあるのに、彼氏いない歴を絶賛更新中の女子たち」がいます。
彼女らは見た目や性格やコミュニケーション能力に問題はない、どころか「モテそうなのに」「普通に彼氏できそうなのに」と周りに言われ「理想が高いんじゃないの?」と決めつけられる人々です。

 そもそも「モテそうなのに」「普通に彼氏できそうなのに」という発想が間違っている。
不特定多数にモテたからといって、好きな人と付き合えたり、自分にピッタリの伴侶と結ばれるわけではありません。それに今や恋愛や結婚は「普通にできるもの」でもありません。特にガンガンいけないオクテ女子には受難の時代。

 私は女子校出身なのですが、母校の同窓会に行くと「昔遊んでた元ビッチ」は結婚していて「身持ちが固く恋愛経験も少ない、ひと昔前なら良いお嫁さんになりそうと呼ばれたタイプ」が独身。

 古のビッチと言えば、肉便器・ズベ公といった凄惨なイメージがあったけれど、現代のビッチは「恋愛やセックスを積極的に楽しむ肉食系女子」というイメージ。
独身男性の4人に3人が「自分は草食系だ」と答える現代日本では、そんなビッチが有利。
経験豊富な彼女らは、30前後で結婚向きの男をガッチリ捕まえクロージングしている。それゆえ狩りが苦手なオクテ女子は「あれ、気づいたら周りにマトモな独身男が1人もいないぞ?」と首をかしげるハメになる。

 美人で性格がよくてもオクテで受け身だと結婚できないのが、21世紀の日本の現実。
だからといって、オクテ女子に「ビッチになろう!」と言うのは無茶な話。人には生まれつきの性格があります。
であれば、女子力アップに励んでモテ系女子を目指すべきか?というと、それも正しくない。