恋愛初心者、必読!男の「いかにヤルか」に対抗するための自衛策


【第29回】ヤルためにどんな嘘でもつく男がいる


アルテイシア 恋愛デスマッチ 天然モテ 非モテ 小悪魔 テク
Romain Toornier

アルテイシア(以下、アル):昔、テレビでお笑い芸人が『ヤリたいから「好き」とか「付き合おう」とか言うに決まってるやん、こっちは必死やねんから』と話していて、周りの男芸人たちも笑いながら聞いてたんですよ。女を騙してヤルことに罪の意識がないわけです。

もし女芸人が同じこと言ったら「ひどい女だ!」と総スカンを食らうでしょ?そんな風に、男社会はヤリチンに甘い。そして、恋愛経験の少ないオクテ女子はガードが甘い。
オクテ女子に忘れないでほしいのは<ヤルためにどんな嘘でもつく男がいる>ってこと。
経験豊富な女子はヤリチンセンサーが働くけど、オクテ女子は慣れてないからセンサーの感度が低い。
それに自分は「好きな人としかセックスしたくない」と思ってるから、ヤリ目的で口説かれても「私のこと好きなのかな?」と錯覚しやすいと思う。

AM:口説かれると嬉しくなっちゃいますしね。世の中、オクテな男子が多いですし。

アル:でもガンガン口説いてくる男って、ほぼ全員ヤリチンだから(笑)。あとスマートで女慣れしてる男も基本ヤリチンだよね。

それをわかっていて、割り切って楽しむならいいけど。でも本気になって傷つく女子も多いから。
男に「好き」とか「可愛い」とか言われるとやっぱ嬉しいし、キスやボディタッチされるとドキドキするから、自分も「恋してるかも」と錯覚しがちだよね。それでヤリ捨てされるとショックだし、男を信用できなくなる女子も多い。

ヤリチンは「ポケモンカードをGETしたい」って感覚で女を口説くんですよ。「こんなにカード集めた俺ってスゲー!」と自己満足するために、女を利用している。
恋愛工学みたいに「いかにヤルか」って教えが広まる中で、女子は「いかにヤラせないか」を学んで、自己防衛してほしいです。

AM:そのために「ヤルためにはどんな嘘でもつく男がいる」と心に刻もうと。

アル:ほんと「そこまで嘘つくか?」って男もいるからね。私も過去に“セカチュー男”というのがいて。

AM:セカチュー?『世界の中心で愛を叫ぶ』ですか。