アルテイシアの恋愛デスマッチ

ヤリチン・だめんず・イケメン…幸せのために好きな男の好みは変えられる!

擬態草食=草食のフリをしたヤリチンに注意!浮気は墓場まで持っていく覚悟で!女の味方・アルテイシアさんが、実りある恋愛に至らない女性の思考やタイプなどをズバッと説き、その対処法を伝授してくれます!

擬態草食、理性が性欲に負ける瞬間

メイン2
Instant Vantage

AM:前回の「ヤリチンに対する自衛策」はとても反響が大きかったです。

アル:口の上手いスマートな男は基本ヤリチンなので「体の相性って大事だよね」「セックスから始まる恋愛もあるでしょ」などと口説かれたら、センサーを作動させましょう。

ただし「擬態草食」もいるので注意してほしいです。擬態草食=草食のフリをしたヤリチン。見た目も言動もギラギラしてないし「めったに人を好きにならない」「付き合った人数も少ない」とか言って、女に安心感や特別感を抱かせる男。
本物の草食はオクテな自分にコンプレックスを抱いてて、わざわざアピールしないから。

あと普段はヤリチンじゃなくても、ヤリ捨てする男もいます。
ヤリチンは「俺にチンポがついてるんじゃなく、チンポに俺がついてるんだ」と開き直るバカが多いでしょ?そういうバカじゃなくても「脳がチンポに乗っ取られる瞬間はある」と語る男子は多い。

いざ「ヤリてえ!」と火がつくと発射せずにいられなくて、理性が吹っ飛ぶ。その感覚は女にはわからないよね。「後先考えず、とにかくヤリてえ!」とは基本思わないから。
男はテストステロン(性欲を司るホルモン)が女の十倍多いらしい。だからヤリチンじゃなくても、理性が性欲に負ける瞬間はあると覚えていてほしいです。

振り返って「いい勉強になった」と言えればいいんだけど。若い時はいろいろ経験したいと思うものだし、それはべつに悪いことじゃないし。私もさんざん痛い目に遭ったけど「とはいえ、いろいろ経験できてよかった」と思っています。

AM:痛い目に遭わないと気づけないこともありますしね。

アル:そうそう。ただ、致命傷だけは避けてほしい。恋愛できなくなるほどダメージを受けちゃう子もいるから。だから、自衛するための知識は持っていてほしいです。