なぜ癒し系はモテるの?缶コーヒーのCMに学ぶ「癒される系統の女性」

ミカコちゃん:「ねぇねぇイシジマ、AM読者様の中で一番、癒やし系の女性って誰?」
担当編集I嬢:「ヒーリング音楽とか覚えたほうがいいですかね」

今週のテーマは「癒し系」です。もしかすると20代のお嬢さん方には馴染みのない言葉かもしれませんね。もちろん、字面から意味はわかるでしょう。男性にとって「癒される系統の女性」を指す言葉が「癒し系」です。

なお、癒し系の元祖は飯島直子さん。「♪あー、オトコの安らぎ♪」というCMソングが大流行した缶コーヒーのコマーシャルがきっかけで、全国の一般男性たちが飯島直子さんに安らぎや癒しを見出す社会現象が巻き起こりました。1990代のことです。

飯島直子さんがコマーシャル内で囁くのは「『一生懸命』も『休み休み』に、してよね」とか「ま、ジョージアでひと休み」とか「貴方は段々肩の力が抜けてくるー」とか、男性にとって癒されるセリフのオンパレードです。これが仮に「一生懸命やれ!」とか「ひと休みなんぞ絶対に許さん!」とか「肩肘張って取り組め!」とかだとまったく癒されないですからね。

飯島直子さんの次は井川遥さんでしょうか。最近だとハイボールのコマーシャルに癒されている男性も多いんじゃないかな。「揚げ物と角ハイボールお好きでしょ?」とか「ハイボールと唐揚げお好きでしょ?」とか、男性にとってはたまらないのでしょう。

井川遥さんの次の世代だと優香さん。優香さんもジョージアのコマーシャルに出演しているんですよね。「今の話ナットクできるって言うんですか?」「できるわけないだろう……それもオトナだ」と言い合うサラリーマンたちを眺めて「オトナって……難しい」と、ひと言だけ呟くその姿もまた癒されます。

男性にとっての「癒し」とはどのような女性であるか、飯島直子・井川遥・優香から学んだうえで! 

なぜ癒し系は長年人気があるのか

今こそ全ての日本国民に問います。

なぜ癒し系はモテるのでしょうか? 

そんなことも知らずに、やれ「缶コーヒーはジョージアのエメラルドマウンテンがダントツで美味い!」とか「でも時々、ワンダ金の微糖に浮気します」などと言っている日本人のなんと多いことか。

しかしミカコちゃんは知っています。癒し系がモテる理由とは……!? 

「世の中に出回っているキャラクター類に男性向けキャラが少ないから」です。

前後の連載記事