青田買いすべき男性の特徴は?タワマン住まいより連絡のマメさが大事

ミカコちゃん:「ねぇねぇイシジマ、AM読者様の中で一番、青田買いに成功した女性って誰?」
担当編集I嬢:「株と同じで成功してもあまり吹聴しないのかもしれないですね」

今週のテーマは「青田買い」です。青田買いとは、田んぼが未だ青い時期……つまりお米の収穫期前に「今年はこれくらい収穫できるだろう」と見越して先買いをすること。そこから転じて、お米が未だ実っていない「現状」ではなく、収穫期に実るであろう「将来性」に期待して対象物を押さえておく行為を「青田買い」と呼びます。

これを男女関係に置き換えてみましょう。ポイントは「現状」ではなく「将来性」に着目するという一点のみ! 「将来性」と聞くとつい、タワマンの高層階住まいでランボルギーニに乗っていて手首にはロレックスが輝いているハイスペック男性を連想しがちですが、ノンノンノン! 

連絡がマメで、会う時間をちゃんと作ってくれて、「将来を見据えた付き合いをしよう」と言ってくれる男性との恋愛こそ、期待すべき将来であるとミカコちゃんは考えます。これは決してきれい事を言っているわけではなく! 

タワマン住みだろうとランボルギーニに乗っていようと手首にロレックスが輝いていようと、既読無視・未読無視する男性もいます。「仕事が忙しい」「週末は取引先とゴルフ」など言って会う時間を作ろうとしない男性もいます。「私たちって付き合っているの?」「私たちってどういう関係?」をはぐらかす男性もいます。

青田買いすべき男性の見分け方とは

以上を踏まえ、青田買いすべきは連絡がマメで、会う時間を作ってくれて、ちゃんとしたお付き合いができそうな男性と定義づけしたうえで! 今こそ全ての日本国民に問います。

連絡がマメで、会う時間を作ってくれて、ちゃんとしたお付き合いができそうな男性の見極めポイントとは何なのでしょうか?  

そんなことも知らずに、やれ「連絡がマメで、会う時間を作ってくれて、ちゃんとしたお付き合いができるだけでなく……」「欲を言えばクンニに時間をかけてくれる男性希望」などと言っている日本人のなんと多いことか。

しかしミカコちゃんは知っています。青田買いをするならば……!? 

「ビニ傘じゃない傘を所有している男性」です。

前後の連載記事