果物×オイル×ビネガーの鉄板法則!「シチリアのオレンジサラダ」

お酒と料理と食べ歩きをこよなく愛する、食ブロガーのツレヅレハナコさん。
彼女が紹介した「桃モッツァレラ(内田真美さんのレシピ)」や「味噌バター白菜鍋(重信初江さんのレシピ)」は、ネットで大きな話題となりました。
そんなハナコさんが、夜遅く帰ってきて一杯やりたいとき、一人でもすぐに作れるとっておきのおつまみと常備菜のレシピを教えてくれる連載です。

ピスタチオとフレッシュミントがアクセント!

ツレヅレハナコの一人呑み晩酌カンタンシチリアのオレンジサラダ果物おつまみレシピ©ツレヅレハナコ

暖かい部屋で、泡や白ワインを飲むのが楽しい季節ですね~。
そんなとき、私がよく合わせるのは“果物のサラダ”!
季節ごとの果物にオイルやビネガーを加えるだけで、
お酒がガンガンすすむ一品になっちゃいます。

季節ごとに出回る果物は変わりますが、一年中手に入りやすいのはやっぱりオレンジ。
シチリアの定番サラダで、ひとり1個は余裕で食べられるはず。

作り方も、とてもシンプル。
オレンジの皮をむいて乱切りにし、オリーブオイル、白ワインビネガー、
塩、こしょうで和えるだけ(白ワインビネガーがなければレモン汁で代用)。
皮のむき方(後半で詳しくご紹介します!)をマスターして、
刻んだピスタチオとフレッシュミントを加えるとなおよしです。

ピスタチオはコンビニで売ってるおつまみ用のもので十分。
あ! 以前にご紹介した「にんじんの塩もみ」を加えると、
ボリュームアップ&相性がいいのでオススメですよ。

冬の夜のオレンジサラダ、ぜひお試しくださいー!