3分で出来る!自家製リコッタチーズで作る「ふわふわキッシュ」レシピ

 元外資系バリキャリ不健康生活から一転、料理家として丁寧な暮らしへとシフトした太田みおさん。
とはいえ、独身の忙しい生活のなかで「“ていねいなごはん”なんか作ってる余裕ない…!」という気持ちも分かりすぎるほどよく分かるという太田さんが、おひとりさま女史のための、気軽だけどちょっとオシャレな週末ごはんを提案する連載です。

ホームパーティーの格が上がる!? 作りたてのリコッタチーズ

 「自家製チーズづくりなんて、めんどくさいこと無理無理!」とはじめから拒否反応を示すにはもったいない、簡単で美味しいチーズの作り方があります。

鍋に、牛乳、レモン汁、塩をいれて火にかけるだけで、3分で浮き上がってくる「リコッタチーズ」です。

臭みやクセもほとんどなく、低脂肪でさっぱりとフレッシュにいただけて、口当たりはふわふわと柔らか。ミルク本来の甘さがほんのり楽しめる、最高に美味しいチーズなのです。

来客の際のデザートに、はちみつやフルーツと一緒にだして、「このチーズ、作りたてだよ〜」とさらっと紹介すれば、特別なおもてなし感がアップ! おひとりさまのちょっと特別な朝ごはんにもぴったりです。

できたてのリコッタチーズは、フルーツやはちみつとシンプルに頂くのももちろん最高に美味しいのですが、これが実はさまざまな料理に使える優秀なチーズなのです。

豆腐とマヨネーズの間のような感覚でサラダに和えてみたり、パンケーキやスコーンに焼き込むとふわふわとした食感と良い香りが立ち上がり、お店のような仕上がりになります。

今回は最も簡単な、3つの材料でたった3分でできるリコッタチーズの作り方をご紹介したあと、それを使ったふわふわキッシュのレシピご紹介します。