シティガールの歳時記

ものの3分で小料理屋風!「しらすとみょうがのポン酢がけ」レシピ

仕事上手は料理上手!?憧れの先輩の直伝メニューはビールとの相性も抜群でした

 元外資系バリキャリ不健康OL時代の反動で一転、東京砂漠の小さなマンションのベランダでハーブを育てはじめ、 ていねいな暮らしへとシフトした料理研究家・太田みおさん。
とはいえ、独身の忙しい生活のなかで「“ていねいなごはん”なんか作ってる余裕ない…!」という気持ちも分かりすぎるほどよく分かるという太田さんが、おひとりさま女史のための、ちょっとおしゃれで気軽な週末ごはんを提案する連載です。

しらすとみょうがのポン酢がけ おひとりさま by ©太田みお

 何これ、最高に美味しい…!!

 数年前、以前勤めていた会社の先輩のお宅で、同僚たちと花火大会を観賞した夜、超デキる女性上司が「ちょっとキッチンかして」と言ったそばからサラッと出してくれたおつまみが、これ。
「こないだ飲みに行ったときに食べて美味しかったから、真似してみたの」

 超尊敬する彼女は、華麗なるおひとりさま。美しく手入れされた指先には、深紅のマニキュアが塗られ、慣れた手さばきでみょうがを華麗に刻み、ササッと出してくれたその一皿は、私に強烈な衝撃を与えました。

「仕事ができるひとは、料理もできるんだな…!」

 彼女の手際の良さと、その一皿の美味しさを目の前にして、私はその夜確信したのでした。

 ものの3分もあればできてしまうこのおつまみですが、冷えたビールとの相性は抜群。
おひとりさまの晩酌にも、ちょっとした来客のおもてなしにも大活躍してくれること間違いなしの一皿です。

 あの衝撃的な夜から、もう7年経ちますが、このおつまみは私の夏の定番になりました。