シティガールの歳時記

オイルに漬ければ何でもおいしい!連休中に楽しむ「きのこ&塩鯖のオイル漬け」

GWや時間があるときにパパッと作りたい!万能オイル漬け

ちゃちゃっと仕込んで、何度も食べよう!

シティガールの歳時記 太田みお GW ゴールデンウィーク オイル漬け きのこのオイル漬け 塩鯖のオイル漬け ©太田みお

 ゴールデンウィークに突入しましたね!
新緑の美しいこの季節、みなさんはどのようなご予定を楽しみにしていますか?

 さて、ゴールデンウィークだからこそ紹介したいのが、オイル漬け
連休のはじまりにちゃちゃっと仕込んでしまえば、連休中何度も、様々な食べ方を楽しめる万能選手です!

 食材に火を通してオイルに浸けてしまえば、保存が長く効きますし、食材もやわらかくなってさらに美味しくなります。

 今日ご紹介する「きのこのオイル漬け」「塩鯖のオイル漬け」は、どちらもそのままお酒のつまみとしても、焼いたバゲットの上に乗せても、パスタにしてもとっても美味しいですよ。

きのこのオイル漬け

<材料(250mの保存瓶1つ分)>
舞茸 50g(1/2パック)
エリンギ 50g(1/2パック)
にんにく 1かけ
ローリエ 1枚
オリーブオイル 適量
塩こしょう 適量

<作り方>

1.舞茸は食べやすい大きさにちぎり、エリンギは食べやすい大きさに切る。
にんにくは皮をむいて、半分に切って芯をとる。

2.フライパンにオリーブオイルを大匙1あたため、にんにくを最初に入れてオイルに香りを移す。こげないうちに、にんにくは取り出す。

「きのこ&塩鯖のオイル漬け」 ©太田みお

3.きのこを加えて強火で焼き色を付けるように炒める。
ローリエも加えて一緒に炒め合わせる。ローリエは焦げないように気をつける。焼き色がついたら火をとめて、塩こしょうをする。

4.消毒した清潔な保存瓶に、きのこ、にんにく、ローリエを移し、ひたひたになるくらいまでオリーブオイルを注ぐ。

塩鯖のオイル漬け

<材料(250mlの保存瓶1つ分)>
塩さば(骨抜き)半身2枚
にんにく 1かけ
ローズマリー 1本
オリーブオイル 適量
塩こしょう 適量

<作り方>

1.塩鯖は、小さめの一口大に切り分ける。
にんにくは、皮をむいて半分に切り、芯を取る。

2.フライパンにオリーブオイルを大匙1あたため、にんにくを最初に入れて香りを移す。焦げないうちににんにくは取り出す。

「きのこ&塩鯖のオイル漬け」 ©太田みお

3.塩鯖に塩こしょうをして、皮目から両面を焼き付ける。
ローズマリーも、香りを移すように一緒にフライパンに入れて焼く。焦げないように注意する。

4.消毒した清潔な保存瓶に塩鯖、にんにく、ローズマリーを入れて、ひたひたになるくらいまでオリーブオイルを注ぐ。

★どちらとも、保存期間は冷蔵庫で4~5日間です。

「きのこ&塩鯖のオイル漬け」 ©太田みお

 ゴールデンウィーク中のおうちごはんを、楽チンにする&充実させるために、ぜひ仕込んでみてくださいね!

 みなさん楽しい連休をお過ごし下さい。

Text/太田みお

働くおひとりさまにとっての毎日はめまぐるしくて、ゆっくり季節を感じる時間さえ取れないですよね。 「休日のたった1時間でいいからほっとしたい…」元外資系バリキャリから一転、丁寧な生活を目指して料理研究家になった太田みおさんが、四季の彩りを簡単に楽しむ「レシピ=歳時記」をお届けします。

※2017年5月3日に「SOLO」で掲載しました