AMパリ支局がお送りする 結婚と幸せの方程式

男を選ぶパリジェンヌと恋に逃げ腰なパリジャン

世界で婚活をし、フランスでパートナーと出会い結婚したパリ在住の『世界婚活』著者が送る、オシャレばかりじゃないパリのリアル、LOVE、幸せについてお送りします。

パリで話題の男を選べる?出会い系サイト

世界婚活 中村綾花 フランス 結婚 幸せ 結婚したい女
FaceMePLS


 皆さん、オランダの飾り窓って知ってますか?
娼婦のお姉さま達が窓越しにセクシーポーズをとってお客さんを誘うという名物風景なわけですが(ネットで検索するとものすごい数の写真が見られます。私もいつか本物を見に行ってみたいもの)。

 実は昨年、パリでこの飾り窓男性バージョンが一日限定で開催されて話題になったことがありました。
といっても男性が一人づつバービー人形のケースの様にかわいらしい箱の中に入っていて、その男性たちは文化系、マッチョ系、サーファー系といろんなジャンルのカッコイイパリジャンたちが陳列されているものでした。

 どうしてこんなサプライズイベントがあったかというと、これ出会い系サイトの新手のプロモーションだったんですね。
最近ではテレビでもこのサイトのCMが流れたり、パリの地下鉄にも大々的に広告が張り出されていて、ただならぬ力の入れようです。 そのサイトの名前は「adopte un mec」
直訳すると「男を採用しよう」とか「男を養子にしよう」というとんでもないタイトル。
どうも女性が男を選ぶという内容らしいのです。

 テレビコマーシャルの内容は白髪のおばあちゃんがイケメンモデル男をゲットして満足そう、という冗談にしか思えない内容で、地下鉄の広告もあらゆるタイプの男性のみが掲載されたダサ・オシャレ路線。
そのデザインセンスからしてBOBOといわれる若きブルジョワお金持ちテイストが感じられます。
サイトを覗いてみると、登録画面が現れ年齢や名前を記入するように促されるのですが、その年齢の選択が17歳から72歳までという幅広さ!

 これは冗談じゃなくて本気だろうなと思います。
死ぬまで恋しても誰からもとがめられない国、それがフランスですからね。

 私はこのサービスと知った時、これは何かの一発企画もので本スタートするものではないだろうと思っていたので、誰がこんなサービスを利用するんだろう? と疑っていました。 ところが最近利用した人がいるという話を聞いたのです。
それは30代のパリジェンヌで、実際に男性と会ってみての感想が「どうせ男はやりたいだけなのよ。私は真剣に交際を考えられる男を捜しているのに!」とご不満だったよう。
いやいやいや、こんな冗談サイトで真剣交際を見つけようとするのは無謀でしょうにねぇ。