まるで“大人の図書館”!漫画家・あだち充さんも愛する純喫茶「アンデス」

『タッチ』のあだち充先生行きつけの純喫茶には、マンガがたくさん!「鉄板ナポリタン」のほか、「日焼けパフェ」や「シェフマリオ」も気になる喫茶店、練馬「アンデス」をご紹介します。

 皆さんが純喫茶で過ごす時間は、だいたいどのくらいでしょうか?

 長居するように思われる私ですが、実は平均して30分程です。店内にいる時は、たいてい何もせずひたすらぼんやりして過ごすことが多いので、一杯の珈琲をゆっくりと飲み干した頃合いで、自然に立ち上がり店内を後にすることが常です。

 しかし、それは「ある場合」を除いてのこと。というのは、好みの漫画が本棚に多数並んでいた時は、つい時間を忘れて過ごしてしまうこともしばしば。 例えば、ここのところ頻繁に足を運んでいる、練馬駅にある「アンデス」などがそうです。

あだち充先生の行きつけでもある練馬駅の純喫茶「アンデス」

 地下鉄大江戸線から、地上にあがってすぐ目の前。30秒もかからずに行けるので、雨の日や風の日にも心強い存在です。
一面が広い窓に囲まれている、二階にある店内には、日中は光が差し込み、夜も信号の灯りに照らされた通行人たちを眺めることができる、開放的な空間です

 窓と反対側の壁をぐるりと囲む棚には、漫画や雑誌、小説など様々なジャンルの本が天井に届くほど高く積まれています。まるでここは大人の図書館のようで、好きな漫画を片っ端から読んでも通い続けたくなる楽しみがあるのです。

あだち充先生の行きつけでもある練馬駅の純喫茶「アンデス」

 私が好んで読むのは、純喫茶の定番である「ゴルゴ13」や「黄昏流星群」「人間交差点」など。豊富なメニューの中には、東京ではなかなかお目にかかれない“鉄板ナポリタン”もあるので、空腹時に訪れたいところです。

あだち充先生の行きつけでもある練馬駅の純喫茶「アンデス」

 ただし、混雑する昼時は鉄板が足りなくなるため、普通のお皿で提供されるのでご注意を。

 他にも気になるメニュー名として「日焼けパフェ」「シェフマリオ」などが。
通常のチョコレートパフェは白いバニラのアイスクリームが乗っていますが、日焼けパフェにはいったいどんなアイスクリームが…?
何が出てくるのかは、注文してからのお楽しみに。

「アンデス」という店名から分かるように山登りがお好きだというマスター。「ここでガツンと儲けて、いつかはアンデスへ旅をしたいってずっと思っていてね。でもきっとずっとここで働くのだろうなあ」と冗談を交えながら、優しい顔で笑います。

表面カリッと中はふわふわ、美しいホットケーキ

あだち充先生の行きつけでもある練馬駅の純喫茶「アンデス」

 実はこちらの鉄板ナポリタンを有名にしたのは、漫画家のあだち充先生。
今でもたまにいらっしゃるそうで、店内にはお店宛に描かれた絵も飾られています。絵の横には『コーヒーとナポリタンは注文すれば出て来たが、作品のアイデアは「アンデス」のメニューに無かった…』と思わずくすりと笑ってしまう一言。
訪れた時には探してみることをお薦めします。

Text/難波里奈

※2016年12月9日に「SOLO」で掲載しました

『純喫茶、あの味』の書影 難波里奈『純喫茶、あの味』

難波さんの新刊『純喫茶、あの味』に興味がある方はこちらから!