Loading...

他人のお手本になんかならなくてもいい

 翻って、冒頭の『逃げ恥』百合ちゃんの話です。自分が先導となって若い女の子たちを救ってあげられたらいいという百合ちゃんに対して、思わず「そんなこと言わないで」と言ってしまった風見さん。後日、「他人のお手本になんかならなくてもいいって思ったんですよ。だめだったり、恥ずかしいことしちゃっても、他人にあきれられてもいいじゃないですか」と百合ちゃんに伝えます。

 自分の生き方が、誰かの救いになったとしたら嬉しいです。だけどそれは結果論であるべきで、「誰かのお手本にならなきゃ」「なりたい」と思って、自分を枠の中に押し込めようとしてしまったら本末転倒です。だから、風見さんのこのセリフを持ってきた『逃げ恥』の展開は個人的にすごく好きだな、と私は思ったのでした。

 ちなみに私の憧れの人は、29歳でミャンマーのアヘン密造地帯に潜入し、地元の人と7カ月かけてケシ栽培をやったという探検家です。
人生に対する考え方がとても素敵だなと思い真面目に憧れているのですが、どこからどう見ても真似できないので、これはこれで間違っている気が、しなくもありません。

※2017年3月27日に「SOLO」で掲載しました

前後の連載記事