おひとりさまのゲームの規則

女性の加齢に必要なのは、年長者の意見に惑わされないこと

女性の加齢って、本当に恐怖しかないの?

この年齢でこの自分、どうなの?

女性が笑顔でいる写真by jim jackson

 昨年の話です。某化粧品ブランドのCMの中にあった「25歳からは女の子じゃない」というメッセージが批判を浴び、CMの放送自体が中止になったことがありましたよね。一昔前だったら抗議の声すら上がらなかった(もしくは上がっても無視されていた)はずなので、女性の年齢に対する世間の反応は、徐々に変わってきているんだなあと思います。
とはいえ、やはり「25歳」あるいは「30歳」という年齢は、女性の中である種の分水嶺のように考えられています。

 さらに、書店に行けば、「20代でやっておくべき◯個のこと」みたいなタイトルの本が平積みされているし、インターネットを見れば、「アラサーでこれをやったらイタイ」なんて書いてある記事がたくさんあります。世の中は、「この年齢でこの自分、どうなの?」とこちらを不安にさせる材料に事欠きません。

加齢によって失ったもの、一個もなかった!

 このコラムを読んでいる人の中で、年齢を重ねることに対して不安を感じている女性がいたら、参考になるかどうかはわからないけど私自身の経験を少し書いてみます。

 まず率直に、見た目に関してですが、一般的には20代後半から30代、40代と年齢が上がっていくにつれて、容姿は衰えていくということになっています。肌は乾燥するようになるし、髪の毛は徐々にやせ細っていくし、匿名掲示板などでは年齢を重ねた女優やモデルを指して「劣化」なんて言ってみせる人だっています。

 だけどこれらの現象って、本当に「劣化」なのでしょうか。
私の恥ずかしい容姿遍歴を晒すと、自分はもともと顔の肌質がオイリーに傾きやすいタイプで、20代前半なんて油田に胴が生えて歩いてるような有様だった気がします。おまけに、もとが剛毛でぶっとく、クセ毛という悲しい髪質。20代前半の頃の写真を自分で見返すとわりと「うわっ」と思います(そしてその直後に捨てる)。

 それがどうでしょう。25歳を過ぎた頃から徐々に顔の脂が落ち着き、ポーチの中から脂取り紙が消えました。髪がやせ細ってくれたおかげで、クセ毛は相変わらずだけど、剛毛が落ち着いて朝の時間がだいぶラクになりました。

 私にとっては加齢って、今のとこいいことずくめの大ハッピーです。人間関係も、私は妙に落ち着きのある性格だったせいか中学生の頃すでに女子大生に間違われていたくらいで、20代前半の頃は「若い女の子」という身の丈に合わないスーツを着せられているようですごく窮屈でした。だけど30歳が近付くにつれて、ようやくスーツのサイズが私の中身に合ってきたような気がして、なんだかとても過ごしやすくなったんです。

「それはただあなたが昔から老けててカワイソウな奴だったからだけでは……?」と思われるかもしれませんが、すべての女性にとって加齢がマイナスなわけではありません。声を上げる人が少ないから目立たないけど、年齢を重ねることで逆にいい思いをしている女の人って、意外といっぱいいるんじゃないかなーと私は思います。