• love
  • 2017.06.01

母子の新しい愛情表現を描く傑作!子の幸せを願う女性たちの優しい視点が最高だ『20センチュリー・ウーマン 』

1979年、時代の転換期。シングルマザーのドロシアは、15歳の息子・ジェイミーが混沌とした時代を生き抜くために、自由奔放な写真家アビーとジェイミーの幼馴染・ジュリーに教育を託した——『人生はビギナーズ!』のマイク・ミルズ監督の半自伝的作品。

たけうちんぐ 紹介する 映画 20センチュリーウーマンの場面写真1
© 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 思春期の頃に母親と完全に分かり合えた人なら、この作品は他人事になる。完全になんて無理じゃないだろうか。分かり合えたかどうかなんて、その時に分かるものでもない。むしろ大人になってから、いかに母親を分かってあげられなかったかがよく分かる。

 心から愛する息子と分かり合えない時、母親がどんな想いで息子を見つめるのか。ドロシアのように、子どもの教育を若い女の子に託すなんて、とんだ責任放棄と思うかもしれない。でも、自らの立場を譲ってまで近づきたいと願う、息子との“距離”がそこにあった。

 前作『人生はビギナーズ!』で、75歳にしてゲイであることをカミングアウトした自身の父親を描いたマイク・ミルズ監督。今度は自らの母親をモデルに、シングルマザー・ドロシアを本作でゴールデン・グローブ賞にノミネートされた名優アネット・ベニング、息子・ジェイミーを10代の新人であるルーカス・ジェイド・ズマン、親子に関わる写真家・アビーをグレタ・ガーウィグ、ジェイミーと友達以上恋人未満な関係を続ける幼馴染・ジュリーを『ネオン・デーモン』の好演が記憶に新しいエル・ファニングが演じる。

 二作連続で、まるで人生の記録をスクリーンに封じ込めるマイク・ミルズだからこそ、切実な想いとリアリティ溢れるセリフが散りばめられている。

たとえ不完全でも心の距離が近い教育者たち

たけうちんぐ 初紹介する 映画 20センチュリーウーマンの場面写真2
© 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 まず脳裏に焼き付いて離れないのは、ジェイミーの幼馴染・ジュリーの小悪魔っぷり。「ベッドに一緒に入るけど、絶対にヤラせない」――こんなスパルタ性教育があっていいものか。
とはいえ、ただの面倒くさい女の子ではない。ジェイミーと親友の関係を守りたい一心で恋愛とは一切線引きをしている。
写真家のアビーもまた人生を模索し、アーティストを目指すも自身の才能を疑い続ける。このようにドロシアがジェイミーの教育を託した二人は、決して完全な人間でない。

「“いい人間”になるには? その現代における定義は?」

 ドロシアはその答えを探すために、完全な人間とは言えなくても、ジェイミーと心の距離が近い二人を選んだ。ジュリーには恋愛を、アビーにはカルチャーを。ある種の英才教育だ。パンクロックが好きで、ジェイミーに大きな影響を与えるアビーの立場は、さすがにドロシアでは賄えない。
様々なことを痛みと切なさを伴いながら吸収していくジェイミーの姿が、まるで母親視点で切り抜かれるように愛おしく映し出される。

 ジェイミーが出会うパンクロックやニューウェイヴなど、1970年代の今に繋がる様々なカルチャーがただの回想ではなく新鮮な姿で目と耳に届く。その時代に生きた人も生きていない人も、同じノスタルジーを共有することで、誰でも心の中に在る“あの頃の母と私”を思い出すだろう。

時代も愛情も“後になって分かること”

たけうちんぐ 紹介する 映画 20センチュリーウーマンの場面写真3
© 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 インターネットも経済格差も、9.11も予期できなかった1979年。そこが時代の転換期なんて、すべては後になって分かること。
リアルタイムでその時代を生きる人に自覚できないことと同様、ジェイミーは思春期をその時に自覚できない。性の目覚めも母離れもパンクロックに夢中になることも、すべて“没頭”しているからだ。

 その一方でドロシアも、ジェイミーへの愛情に“没頭”していることに気づいたのだろう。息子のことを後になって分かりたくない。今、何を思って何が好きで、どういう男の子なのかが知りたい。だからこそ、あくまで他人であるアビーとジュリーにある種の“レポート”をお願いした。親子だからこそ遠く、他人だからこそ近い距離を自覚したゆえの行動だろう。

「子離れしなきゃ。私ひとりの支えじゃとても足りないわ。」

 親子の関係性の限界を知っているからこそ、心から愛する息子から自ら距離を置く覚悟を持つ。「自分だけが息子を理解している」なんて思い上がりが、思春期の子どもにとって一番鬱陶しいことを分かっている。息子はその時、理解できなくても、今このような作品を作ることで自分以外の他人にも母親の愛情を分からせてくれる。

 これはマイク・ミルズのただの半自伝的物語に収まらない。
母子の新しい形の愛情表現を提示する作品だ。


 息子を知るためにライブハウスに入り込む母親の姿は、なんて愛おしいものだろう。興奮する息子と、困惑する母親。ひとつの時代のカルチャーを息子/母親視点で味わえる点でも新しく、あらゆる感性を刺激してくる。

ストーリー

 1979年、カルフォルニア州南部のサンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期真っ只中の15歳になるジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の育て方に悩んでいた。

 そこで、ルームシェアをしているパンクな写真家・アビー(グレタ・ガーウィグ)と、ジェイミーの幼馴染で色気たっぷりのジュリー(エル・ファニング)に、息子の成長を手助けしてほしいと頼み込む。

 パンクロックやニューウェイヴなど様々なカルチャーが産声を上げ、時代が転換期を迎える中で生きる三人の女性とジェイミーの特別な夏が始まる――。

6月3日(土)、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

監督・脚本:マイク・ミルズ
キャスト:アネット・ベニング、エル・ファニング、グレタ・ガーウィグ、ルーカス・ジェイド・ズマン、ビリー・クラダップ
配給:ロングライド
原題:20TH CENTURY WOMEN/2016年/アメリカ映画/119分
URL:『20センチュリー・ウーマン 』公式サイト

Text/
たけうちんぐ 前売り券

次回は<アカデミー賞ボイコットで話題騒然!夫婦のすれ違いが意外な顛末を迎える復讐サスペンス『セールスマン』>です。
夫・エマッドの留守中に妻・ラナが襲われて、身も心も傷つけられる。表沙汰にしたくないラナと心がすれ違う、“犯人”を捕まえたいエマッド。二人が辿り着いた真実とは——。アカデミー賞外国語映画賞を受賞したイラン発の心理サスペンス。

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家
今月の特集

AMのこぼれ話