• sex
  • 2015.08.23

膣をやわらかくもみほぐして受け入れた体勢完了!アソコが大きい彼でも痛くない「スローインサート騎乗位」

愛と快感を深める体位テクニック、LOVE POSITION(体位)、略してLOVEポジ。今回は「あそこが大きい彼でも痛くならいない!」コツや体位をご紹介します!セックスが痛い女性は、女性リードの「スローインサート騎乗位」でじんわりなじませてみましょう!

彼との相性がピッタリになる!体位メソッド「LOVEポジ」

OLIVIA LOVEポジ クンニ マンコ クリトリス オーガズム セックス 脚ピン イク 快感 舌
Lies Thru a Lens

 今回も、お悩み解消の体位メソッドをご紹介します。

 前回は、ペニスが小さい男性とのセックスで気持ちよくなるLOVEポジをご紹介しましたが、今回は、「彼のアソコが大きいのが悩み。アソコがいつも痛くなる…」という悩める女性のためのアドバイスです。

 男性は、良くも悪くもペニスの機能性を重要視する傾向があります。
「太い」「大きい」「硬い」「長持ち」は、どちらかというと「長所」として捉えられ、「小さい」「早い」「中折れ」は、男性のコンプレックスを引き起こす要因とされています。
そのため、実際私の周りでも、後者の特徴を持った男性からのセックス相談は多いです。

 しかし、前者の「太い」「大きい」「硬い」「長持ち」も時として、お悩みの対象になります。
「彼のアソコが大きくて、全部挿入できない…」「痛い」「きつい」など、女性側からのSOSを耳にすることもあるのです。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」と言いますが、セックスにおいては、「ほどほど」が一番ちょうどよいのかもしれない…と思います。

 さて本題に戻りまして、今回は「あそこが大きい彼でも痛くならいない!」コツをご紹介します。

STEP1:クリトリス愛撫&膣ほぐしで2種類の愛液を分泌させる
 ペニスの大きさに胡坐をかいて前戯をおざなりにするけしからん男性もいるので、前戯を丁寧にしてもらい、挿入前に潤滑剤である愛液をたっぷり分泌しておきましょう。

 愛液とひとくちに言っても、入口付近を潤す「バルトリン腺液」、膣壁からにじみ出る「膣分泌液」など種類があります。
「バルトリン腺液」は、キスやクリトリス愛撫で分泌されやすくなります。
膣壁から分泌される「膣分泌液」は、「局所反応」を利用して潤わせましょう。
「局所反応」は、膣に異物(指やペニスなど)が入ってきた時に、防衛反応から膣分泌液がにじみ出る現象。

 愛液を枯れない泉のように湧き出たせるコツは「膣ほぐし」です。
クリトリス愛撫の後に、彼の指を1本だけ膣に挿入してもらいます。
Gスポットを攻めたりする必要はありません。膣を柔らかくもみほぐすようなイメージで膣内を指をマドラーに見立て、かき回すように動かします。
2種類の愛液が分泌されることで、挿入が円滑になり、受け入れ体勢完了です。

STEP2:コンドームがキツイという彼への対応策
 ペニスの大きさを過信して、前戯を手抜きするだけでなく、「コンドームがきついからつけたくない!」と生で挿入したがる男性もいるそうで、たちが悪いですね。
そんな男性にうっかり当たってしまったら、ビッグサイズのコンドームを教えてあげましょう。

 各コンドームメーカーから、腕も入るくらい大きいLサイズ、XLサイズのコンドームが販売されています。
私の友人女性のパートナーはアメリカ人なのですが、彼は日本国内の大きめコンドームがどれもキツく、アメリカに帰国するたびにLサイズのコンドームを爆買いしてくるそうです。
「買い出しは大変そうだけど、ちゃんとしていて律儀な人!」と感動しました。
大きさを理由にコンドームを着けたがらない男性に聞かせてあげたいものです。

STEP3:女性リードの「スローインサート騎乗位」でじんわりなじませる
 潤いOK!コンドームOK! いよいよ挿入です。

 セックスのときの一番はじめの体位は、男性が挿入しやすい「正常位」や「バック」が多いかもしれません。
しかし、どちらも勢いよく挿入されがちなので、大ぶりペニスには不向き。
せっかく、ウォームアップしてきたのに、ここで痛みを感じたら残念すぎます。
そんなときは、女性が自分のペースで挿入できる「スローインサート騎乗位」を試してみましょう。

アソコが大きい彼に応戦する!「スローインサート騎乗位」

OLIVIA LOVEポジ クンニ マンコ クリトリス オーガズム セックス 脚ピン イク 快感 舌
【スローインサート騎乗位】

【HOW TO】
 女性が彼の上になったら、ペニスの根元を支え、自分のペースでゆっくりと挿入します。
挿入前に亀頭でクリトリスを愛撫したり、膣口に愛液を塗り伸ばしてセルフ焦らしを入れてもいいですね。
男性主導の挿入と異なり、じんわりと膣とペニスをフィットさせていくので、痛みや不安感が軽減されるはず。

 彼の協力も必要なので、「前戯を長めにしてくれると痛みが和らぐの」「ゆっくりして」と言葉でもコミュニケーションをとりましょう。
ペニスに自信がある男性の鼻をへし折ることなく、やんわりと注意を促し(優しい!)、不快感を快感に変えていきたいですね。

「愛と快感のLOVEポジ」は、毎週日曜日更新です。
次回もどうぞお楽しみに!

Text/OLIVIA

…次回は《早漏くんでも中イキできる!クールダウンを挟んで持続力アップの体位》をお届けします。

関連キーワード

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話