• sex
  • 2015.04.13

好きなお湯の温度でセックス相性診断?風呂場とベッドで最高の時間を過ごすために

浴室での乳繰り合いで片足上げてクンニしてもらい、足がガクガクし危なかった経験はないですか?そんなあなたに、セックスのクオリティを高めるためのライフハックを学ぶ連載。今週のお題は「転ばぬ先の杖」です。


 前回の<野外セックスは快感半減?テンションと勃起度を上げる「立ちバック」と「ハメ撮り」の極意>もお楽しみください。

 新年度を迎え、約2週間。
今週あたりから、「ぼちぼち歓迎会をやろうか」という雰囲気になる頃でしょうか。
新社会人のピカピカなペニスを狙うも良し、ヘッドハンティングで降臨した新しい上司の熟ペニスを狙うも良し、歓迎会をフル活用なさってくださいね。

「自分の部署には、新入社員も新上司も来ない!」という人も、今週末あたり繁華街に繰り出せば、歓迎会帰りの酔っ払い男性がうじゃうじゃいるはず。選び放題、ハメ放題ですよ! 多分……。

【こ】転ばぬ先の杖

菊池美佳子 セックス 犬棒カルタに学ぶセックスライフハック フェラ
Unfurled


 週末繁華街の憶測はこれくらいにして、今回のお題に入りましょう。「けふこえて」ゾーンの「こ・転ばぬ先の杖」です。
まずは、基本の意味からおさえていきましょう。

「転ばないように杖をついて歩けば、何かにつまずいても転ぶことはないように、前もって準備しておけば、仮に思わぬ事態に遭遇した際も、間違えたり慌てたりせず済みますよ」といったところでしょうか。

 転ぶと聞いて、筆者の脳裏をよぎったのは、浴室での乳繰り合いです。
ベッドルームで、すってんころりんと転ぶ人は、おむすびじゃあるまいし、滅多にいないでしょうが、風呂場は危険がいっぱい。

 筆者も以前、浴室内での乳繰り合いにおいて、序盤は故・石原裕次郎さんのような波止場ポーズ(片脚をバスタブに乗せた恰好)でクンニリングスを施されていたのですが、もう片方の脚もバスタブに乗せるよう指示を受けた際は、さすがにヒヤヒヤしました。

 どこか捕まる場所を探したのですが、浴室の壁は一面タイル貼り。
手を突いたところで、不安定感は否めません。
生まれたての小鹿の如く、脚をガクブルさせる筆者をよそに、下方からはクンニリングスによる刺激がこれでもかと襲ってきます。手すり等があれば、だいぶ違ったのでしょうが、ラブホの浴室がバリアフリー仕様になっているわけもなく……。

ウェットティッシュこそ、転ばぬ先の「杖」!


 セックス淑女の皆さん、バスタブの上に乗った状態でクンニリングスを受けるのは非常に危険です。杖を持って入浴しましょう! というわけにもいかないので、クンニリングスは入浴前の段階で済ませておきましょう。
即尺ならぬ、即クンニってやつですな。  身体の外に飛び出た構造のペニスと違って、ヴァギナは身体の内側に入り込んだ構造をしているため、即クンニに抵抗感を抱く女性も多いでしょう。
万が一、お小水の匂いが残っていたらどうしよう……と。

 そこで活躍するのが、ウェットティッシュ(ノンアルコールタイプ)です。
殿方との逢瀬前、最後のトイレを済ませる際に、ウェットティッシュで拭っておくと、堂々と即クンニを受けられますよ。ウェットティッシュこそ、転ばぬ先の「杖」なのです。

 ほか、風呂場での乳繰り合いにおいて、事前準備が必要な事項といったら、「お湯の温度に関する好みの確認」も挙げられますね。

 お湯の温度といえば、「てやんでぃ、江戸っ子がこんな風呂に浸かってられっかってんだ!」というセリフが思い出されますが、江戸っ子ではない筆者はぬるめが好み。
対して、相手男性が江戸っ子でなくとも熱い風呂が好きな場合、湯船に浸かった瞬間、ちょっとだけビミョーな空気になります。

「……ぬるくない?」
「そうかな、私はちょうどいいけど……」
「お湯、たしてもいい? でも熱くなっちゃうかな」
「ううん、大丈夫だよ。確かにぬるかったかもね」

 こうして、バスタブに43度のお湯がドバドバと追加投入されます。
熱い風呂に慣れない筆者は、あっという間に茹でダコ状態となり、浴室での乳繰り合いが単なる苦痛になってしまうのです。「あたしゃ、石川五右衛門かッ!」と。

温度の好みはセックス相性に関係する?


 そこで大事なのが事前確認。
バスタブにお湯を張る際は、「○○君って、熱めが好き? ぬるめが好き?」と確認をとりましょう。好みが合えば、それなりの時間をかけて浴室での乳繰り合いを楽しめば良し、そうでなければ、風呂場での乳繰り合いは早々に切り上げ、ベッドルームでのプレイをメインにすれば良いのです。

 ちなみに、科学的根拠は一切ないのですが、お湯の温度に対する好みが合う相手とは、セックスの相性が合うような気がします。心地良いと感じる皮膚感覚が似ているからなのでしょうね。
バスタブにお湯を張らずシャワーで済ませる際も、筆者が浴び終わった後に浴室を使った男性から、「シャワーの温度、39度派なんだね。俺もなんだよ」と言われたことがあったのですが、案の定サイコーのセックスを楽しむことができました。

 お湯の温度に関する話題なら、食事中や飲み会の段階で、温泉トークなどから聞き出すことも可能。服を着た状態で、相性診断ができちゃうのです。ぜひ、お試しを。

Text/菊池美佳子

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話