• sex
  • 2015.02.16

世間にはいろんなペニスがある!まだ知らない性のスタンダードを見つけよう

「毎日オナニーしている」という理由だけで、プロフィールに「自称・変態」と書いてる女はモテない!?セックスのクオリティを高めるためのライフハックを学ぶ連載。今週のお題は「井の中の蛙大海を知らず」です。

【い】井の中の蛙大海を知らず

菊池美佳子 セックス 犬棒カルタに学ぶセックスライフハック フェラ
dollen


 今週は、「うゐのおくやま」ゾーンの「ゐ」、「井の中の蛙大海を知らず」です。いつものように、まずは基本の意味からおさえていきましょう。
小さな井戸の中にいる蛙が、井戸の外にあるもっと広い大海を知らないように、狭い見聞にとらわれて、自分の世界が全てだと思い込み、得意げになっている様子を表す言葉です。ひと言でいうと、「世間知らず」ってやつですね。

 TwitterなどのSNSをやっていると、井の中の蛙タイプの人をちょくちょく見かけます。プロフィールに、「変態です(笑)」と書いている、自称・変態の皆様です。
一体どれほどのド変態なのか、もしやスカトロジーやスカルファックの嗜みがあるのかと、ワクテカしながらプロフィール文を読み進めるのですが、後に続く言葉は「毎日オナニーしています(笑)」であることがほとんど。

 毎日オナニーしている程度で変態だったら、この世は変態まみれということになります。
この場を借りて、筆者は主張したい! 変態を自称するなら、スカトロジーやスカルファックを経験してからにして頂きたい……と(筆者は決して、スカトロジーやスカルファックを推奨しているわけではございませんぞ)。
オナニーを日課にしている人は、掃いて捨てるほど存在します。普通です。

 ああいったプロフィール文を書いちゃう人は、おそらく周囲のご友人と性的な会話をほとんどしていないのでしょう。
そのため、「毎日オナニーしている俺は変態に違いないぜ!」と、思い込んでしまうのです。ああ、恥ずかしい。ああ、嘆かわしい。これぞ、井の中の蛙! 
変態プレイをご希望の婦女子の皆様、「自称・変態男」と出会ったとしても、過度に期待しても、がっかりさせられることのほうが多いので、どうかお気を付けくださいませ。

 変態を自称するのは、男性であることがほとんどです。
女性で、「私は変態女です」と名乗っている人は、滅多に見かけません。
しかし、自称・変態と同じくらい恥ずかしい発言をする女性が、ごく少数ではありますが存在します。「私って変わっているから」「人から変わっていると言われる」など口走ってしまう、自称・変人の皆様です。

男ウケが悪い「自称・変人」


 本当に変わっている人は、自ら「変わっている」などと言ったりしないものです。本物のスカトロジストさんやスカルファッカーさんが、いちいち公言しないのと一緒ですね。
そして、どこからどう見ても普通な人に限って、変人アピールをしたがります。
一体どんなふうに変わっているのか、一応聞いてみますが、返ってくるのは、「一般ウケするイケメン芸能人には興味がなく、マニアックな芸能人が好き」とか、「酔っ払うとキス魔になる」程度の平凡回答。吉本新喜劇のようにズッコケたくなります。

「私って変わっているんですぅ~」と言っちゃう人は、自分が特別な存在であるとアピールしたいのでしょう。しかし、男性目線からは完全にアウトです。
「このコは特別扱いされたいタイプなのだな、面倒くせえ!」と、敬遠するでしょう。
男性側にとしては、惚れたオンナを特別扱いすることはあっても、特別扱い志望のオンナに義理立てする必要はないですからね。

 井戸の中の蛙は、おそらく諸事情あって井戸の外に出ることができないのでしょうが(ジャンプ力の問題なのか、井戸の外に水辺がないのか、そのへんは蛙専門家ではないのでわかりません)、私たちは蛙に非ず、人間です。
狭い世界を飛び出して、もっと広い世界に触れることは、やる気一つあればどうとでもなります。

 以前、とある雑誌で、地方在住の女子大生が、自身が性的マイノリティである旨告白し、周囲に同じ性的志向の人がおらず、性的欲求を満たせないとお悩み相談している記事を読んだことがありました。
そのお悩みに対して、新宿二丁目のママさんが「大学を卒業したら東京に出てらっしゃい」と回答しており、ナルホドと納得させられたものです。

 これは決して、地方が悪いという意味ではないのですが、確かに地方在住だと、都心部に比べて「人口」という絶対数が少ないため、同じ性的志向の人と出会うのは難しいでしょう。
しかし、絶対数の多い都心部に出れば、間口が広がります。

 もうちょい身近な例を挙げましょうか。
出会う男性が、どいつもこいつもセックス目的のろくでなしばかりという女性は、出会いの場を変えることで、男性の質はぐっと変わるはずです。
大げさにいうと、怪しい出会い系サイトばかり使っていても、そりゃその日のうちにセックスして解散になる男性ばかりなのは至極当然。
出会い系サイトという井戸を脱し、習い事などのスクールや雰囲気の良いバーに狩り場を移せば、ろくでなし男に引っかかる確率はぐっと下がりますよ。

 世間知らずなカエル女とならないよう、大海に漕ぎ出していきましょう。
大きな海には数えきれないほどの魚が生息しているように、世間には様々なタイプのチン……もとい男性が生息していますよ。

Text/菊池美佳子

関連キーワード

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話