Loading...

角を立てずにアソコを立たせる!彼のテク不足を改善する3ステップ

諦める方が楽だけど

アイスクリームを舐める女性の口元画像

 こんばんは!オリビアです。
女性が抱えるセックスのお悩み「性交痛」を解消しよう!シリーズ。

性交痛の原因1:潤い不足
性交痛の原因2:外陰部の巻き込み事故
性交痛の原因3:ペニスとサイズが合わない
性交痛の原因4:テクニック不足
性交痛の原因5:婦人科系疾患
性交痛の原因6:メンタルの問題

 性交痛の原因になる「パートナーのテクニック不足」
前回、「イヤ」「痛い」など、“行動を封印する言葉”を使うと、彼はどうすることもできないとお伝えしました。
反対に、不快な愛撫に対して、言葉を発さず、感じているフリをして、サッサとその場を乗り切っている人もいると思います。

正直な話、「まぁ、彼とのセックスはこんなもんかな…」と諦めた方が楽なんですよね。

セックスって、お金の話題と似ていて、“切り出しにくい”“タブー感がある”“欲しがり過ぎると卑しく思われる”ところがあります。
真剣に取り組むと、お互いの価値観の違いをまざまざと知ることになるし、話し合いが平行線のままになってしまうこともあるでしょう。
それよりも、現状に不満があっても、見て見ぬふりをして、やり過ごした方が楽なんですよ。
セックスの相性がいいパートナーをアウトソーシングした方が合理的だと思うこともあるでしょう。
だけど、どこかのタイミングで、ステディなパートナーと“折り合い”をつけていかないと、あなたの心とカラダにストレスが溜まっていく一方です。
今回は、「愛撫が雑」「ピストンが激しすぎる」など、テクニックを改善する具体的な指導方法についてご紹介しますね。

前後の連載記事