• sex
  • 2014.10.10

好きな異性のタイプは遺伝子によって決まっている?ホルモンと恋愛の関係

第48回 恋愛と女性ホルモンの関係

奥谷まゆみ おんなのカラダ道
Mateus Lunardi Dutra


 卵子を元気にする卵活のメリットは妊活だけにとどまらない!
私たち女性のイキイキ楽しい人生にどうして関係あるのか。
今週はそこを掘り下げてみよう。
前回の「排卵が改善すると生理周期も安定!元気な卵巣の作り方」も合わせてどうぞ。

 卵子を育て、排卵を応援してくれるのは、卵胞ホルモンのエストロゲン
まずその特徴を紹介しよう。

キレイホルモン


 排卵の頃ってお肌の調子も一番いいよね。これは、エストロゲンのおかげなんだ。

 排卵は、いい遺伝子を残すためのオスをゲットしなきゃならない勝負の日!目指すオスに興味をもってもらうため、私たちメスが一か月のなかで一番輝く日になるよう、ホルモンは応援してくれているんだよ。
体を見ても、1か月のなかで一番骨盤もいい感じに締まっていて、お尻もアップ、ほほ骨もキュッと寄った小顔になっている頃なんだよ。

アクテイブ、ポジティブホルモン


 女性ホルモンは、気持ちにも影響しているよ。
エストロゲンは、気分を明るくさせて、穏やかにする作用アリ!
ちゃんとホルモンが働いてくれれば、前向きに、オスを探しに街へ出よう!っていう気持ちを後押ししてくれるよ。

恋愛ホルモン


「自分に合ったパートナーに出会いたい」
そう思うなら、エストロゲンが働いてくれる体作りをしよう。

 恋愛ホルモンが働くと、自分にぴったりなオトコにアンテナが立つんだよ。
ここでいう「ぴったりなオトコ」っていうのは、見た目や収入などの条件じゃないの。
遺伝子が「このオスと掛け合わせると、すんごい子孫残せるよ!」っていうオトコのことなんだよ。

幸福感は遺伝子的に「正解!」というときに感じる


 私たちの命は、私たちのものだけど、実はそれを根底で支配しているのは遺伝子なんだ。支配なんていっちゃいけないね。そうそう、応援応援。
だから、私たちの幸福感は、遺伝子的に「そう!アンタそれ正解!」って時に感じるようにできているの。
幸福感にもいろいろあるけど、「生きているだけで幸せ~♪」みたいなやつね。

 例えば、そいつが無職であろうと、浮気オトコであろうと、DV野郎であろうと、遺伝子的に好きになる、遺伝子的にいい子孫を残せるオスと一緒になると、幸福感があるの。
「ぜんぜんいいとこないと思うんだけどさー、なぜか好きなのよねえ」とか、「ぜんぜん理想じゃないんだけど、なぜか結婚しようと思ったの」みたいな場合がそれだと思う。

 そして、この遺伝子からの「このオスだよー!」っていうシグナルを聞こえなくしてしまうのが、アタマで考えた「理想」なんだ。
誰でも理想はあるだろうけど、あんまり固執しちゃうと、条件がいいオトコと結婚したのに、なぜか腑に落ちなかったり、幸せと思えなかったりするんだな。

 じゃあ、どうしたらその遺伝子レベルのオスと出会えるのか!!
それは、エストロゲンばんばんの体を作ること!その体づくりも追々紹介しますからね~♪

自分の遺伝子から遠い人はいい匂い


 本能に一番近い感覚って嗅覚なんだけど、以前テレビのバラエティー番組で面白い実験をやっていたよ。

 男性タレントが8人くらい、新しいTシャツを一日着て、その、汗や体臭のついたTシャツをそれぞれビンに入れる。で、女性タレントがそのビンの中のTシャツの匂いを嗅いで、一番気に入った匂いを選ぶ。

 体臭のクサさや、いい匂いなんて、そんなに個人差ないと思うじゃない? よっぽど個性的じゃない限りは、みんな同じ匂いが好きだろうと。

 ところが結果はバラバラだったのよ!
「ええ~、なんでそんなクサいのが、いい匂いなわけ~?」って女性タレント同志は言い合うの。

 この実験は、自分の遺伝子から遠い人を私たちは「いい匂い」と感じて、近い人は「クサい」と感じるようにできている、と証明するために行われたの。

 だから、思春期になって、大好きだったパパの匂いにウゲっ!っとくるのは、生殖器が正常に発達してきて、掛け合わせるとまずい遺伝子を近づけないようにするサイン。まさに遺伝子くんの働きなわけ。
いやー、いのちってホントーに良くできていますなあ~!!

恋愛はホルモンの仕業?


 つまり、恋愛っていうのはホルモンの仕業なのですよ。

 あんなに胸を焦がした恋愛も、別れてもどーしてもどーしても忘れられない彼も、偶然の出会いで恋に落ちたのも、それは前世の関係でも、運命でもなくて、遺伝子なんだよね(苦笑)。事実っていうのは、イロがないよねえ~。

 その事実を知ってしまってからは、西野カナの歌に出てくるみたいな、せつない感じも、「あー、その遺伝子、欲しかったのねえ」ってつい冷めて聴いちゃう(笑)。

 事実って、時として知らないほうがいいこともある、ってことですな!

【つづく】

Text/奥谷まゆみ

奥谷まゆみさんへの質問や相談を絶賛募集中です!

お申し込みはこちら

関連キーワード

ライタープロフィール

奥谷まゆみ
体から日常の暮らしを読み解き、体の使い方を変えて不調を改善する不思議な整体「からだクリエイトきらくかん」代表。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら