• sex
  • 2013.12.09

パンツの匂いを嗅ぎたい男子に注意!セックス前に気をつけたい女のマナー

 「セックスMyルール【女性編】」「『生セックス』に愛はない!0.02ミリに阻まれる愛なら捨てるべし」もお楽しみください。

 これまで14回にわたってお届けしてきた「男性版セックスMyルール」ですが、今回でいよいよ最終回となりました。様々なMyルールが飛び出してきましたが、フィナーレを飾るのは、このMyルールです!


「パンツの匂いを嗅ぐ」Myルール【男性編/第15回】


「パンツの匂いをコッソリ嗅ぐ(笑)」(E氏)

菊池美佳子 世直し SEX ベッドルール Myルール セックス コンドーム 生セックス セックス紳士 責任 誠意
by Dani_vr

 なんじゃ、そりゃあ(笑)!?
いやー、実はこの「男性版セックスMyルール」を連載させて頂くと決まった際、一般男性を対象にMyルールリサーチを行なったのですが、「女性をイカせること第一!」とか「手マンに備えて、常に爪は短く切っておく」とか、真面目な回答が多いなか、約1名から上記のMyルールが挙がってきたのです! 

 E氏よ、面白いじゃないか(笑)! というわけで今回は、男性の「パンツの匂いをこっそり嗅ぐ」というMyルールについて考えたいと思います。

 まず! あまりにも個人的すぎるMyルールなため、再度一般男性から意見を募りました。「セックスの際に、相手女性のパンツをこっそり嗅ぐのは日常茶飯事ですか?」と。 「髪の毛からシャンプーの匂いを嗅ぐことはありますね」という男性はいましたが、パンツをクンカクンカする男性は(E氏以外は)ゼロ!

 女性の皆さん、ご安心ください。
世の中すべての男性が、セックス時にこっそりパンツを嗅いでいるわけではないようです。


 とはいえ、世の中広いですから、貴女がいつE氏のようなおもしろMyルールを掲げる男性と一夜を共にするかわかりません。特に用心して頂きたいのが、目隠しプレイのさいちゅうです。貴女が視界を遮断されている間に、さきほど脱ぎ捨てたパンツをクンカクンカされている可能性も少なからず存在します。

 パンツの匂いを嗅がれることに何ら抵抗がない女性はノープロブレムでしょうが、「諸事情によりパンツを嗅がれるのは困る!」という女性もいるでしょう。っていうか、ほとんどは後者でしょう。

 目隠しプレイのさいちゅうに、パンツを嗅がれないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか? 

嗅がれても大丈夫な清潔感を!

 正解は、「あたしが脱いだパンツ、嗅がないでね」と可愛く言う……ではありません。
目隠しプレイ=必ずしも「パンツを嗅ぐための手段」ではないですからね。相手男性が、パンツを嗅ぐ気なんぞさらさら無かった時、気まずくなってしまいます。

 正解は、「万が一パンツを嗅がれても良いように、常に清潔にしておく」がベストでしょう。具体的には、トイレの後はしっかり拭く! これに尽きると思います。
オリモノシートは、男性との待ち合わせ直前には外しておきましょう。というのも、男性が不意打ちでセックスを仕掛けてくる場合があるからです。

 私事で恐縮ですが、筆者の体験談をご紹介させて頂きます。とある男性と温泉旅行に行った時のことでした。筆者は、「宿に着き→温泉でひとっ風呂浴びて→夕食を楽しんでからセックス」という流れを予測していたのですが、敵がまさかの奇襲を仕掛けてきたのです! 

「宿に着き、温泉でひとっ風呂浴びる前」に、ことは起きました。部屋に着いて早々エロい雰囲気になり、敵の手がスカートの中に伸びてきたのです。これはマズい! この時の筆者は、ギリギリまでオリモノシートを装着し余分な分泌物を吸い取る作戦でいました。
このままパンツに手を突っ込まれたら、オリモノシートの存在がバレてしまう……色気もへったくれもありません。

 筆者は、敵が灯りを消すべく背中を向けた瞬間にささっとオリモノシートを引っこ抜き、ポケットの中に隠したのですが、いやはや、こんなスリリングな思いは二度と御免です。

 温泉旅行でなくとも、居酒屋の個室内で手マンを仕掛けてくるようなバカチンも存在します。そういったシーンで、オリモノシートの「ごわっ」とした手触りを与えてしまうのは、オンナの尊厳にかかわります。
以上を踏まえると、オリモノシートは待ち合わせ直前に外しておくのがベストなのです。

清潔感は色で、衝撃はノーパンで

 ほか、パンツの色も工夫しましょう。筆者が思うに、黒って意外に汚れが目立つんですよね。痩せてみえますし、トップスから肩ヒモが見えた際に生々しさがないという点では黒い下着って重宝しますが、汚れを目立たせたくない人は、むしろ淡い色の下着をセレクトすると良いでしょう。

 もしくは、いっそのことノーパンという手もアリです。男性にとっての、「下着を脱がせる悦び」を奪ってしまうことにもなりますが、そのぶん別の衝撃を与えることができますよ。機会があれば、是非お試しくださいね。

 最後になりましたが、これまで『菊池美佳子の世直しSEX 思い込みベッドルールを捨てよう!』をお読み頂きました皆様、本当にありがとうございました。
皆様のセックスライフの充実を心より祈っております。


Text/菊池美佳子


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら