「男性の勃起と射精中心のセックス」を刷り込まれてませんか?振り回されないために

彼が中折れするのは私のせい?というお悩みが届く

「付き合っている彼がセックスで射精できないです。私はどうすればいいんですか?」「パートナーがいつも中折れするのは私の魅力が足りないせいですか?」
数カ月に一度は必ず届くのがこの手のお悩みです。

長年セックスしてきてそれなりの人数の男性を見てきたつもりですけど、セックスで中折れしやすい人や射精しにくい人は、たまに遭遇しますし、そういう人ともセフレとしてセックスを楽しんできました。だから「射精が全てじゃないよ!」「中折れなんてよくある」「セックスで射精するのが難しい人もいるよね」「自分の魅力とは関係ないよ」と、この連載やSNSで言い続けています。

それは本当に間違いないんですよ。毎回必ず勃起して一度も折れずに射精することは当たり前のことではないです。当たり前のようにできてしまう人もいるけど、それが難しい人もいます。毎回必ず射精できていたとしても、ある時から中折れするようになることもあります。女性にも濡れやすい/濡れにくい人、イキやすい/イキにくい人がいたり、それらが体調やメンタルに簡単に左右されてしまうのと同じです。

勃起し続けなくてもセックスは可能なのに

それは分かってはいるんですけども!!やはりセックス相手の勃起や射精が難しいとなると「自分の魅力のなさで勃たせてあげられなくて情けない」「満足させてあげられなくて振られるかも」「射精してくれないとセックスが終わった気がしない」「彼が私の体に満足してイッたという満足感を感じられない」と、心のどこかでは引っかかってしまうのが本音です。そしてその後にめちゃくちゃに勃起して射精しまくる人とセックスすると「やっぱこれなんだよな」と思ってしまうんですよね。それもこれも全部、私たちに「セックスは男性の勃起で始まり射精に終わる」という刷り込みがあるからなんじゃないでしょうか。妊娠するつもりがなければ射精しない方がいいはずだし、勃起し続けていなくてもセックスは可能なのに…。

この刷り込みのせいで、中折れしがちだとか滅多に射精しないパートナーを持つ女性はいつもモヤモヤしてしまうんですよね。そして気付いたらセックスが勃起と射精中心になってしまいます。彼が勃起するタイミングを見て進行し、勃起が途切れない内容のみで構成することを許し、萎えたら彼の顔色をうかがう。こんなセックスになりがちです。無事に射精できたら彼のプライドを保つことができたとホッとするけど、でもそれであなたはセックスに満足できましたか?と問われると、絶対満足できてないですよね。彼は勃起を持続するために自分のちんこに集中していて、あなたも彼の勃起を常に気にかけていて、じゃああなたが満足したかどうか気にかけた人はいました?って言いたくなります。

前後の連載記事