• sex
  • 2015.03.31

守備範囲内ならヤる!ポジマンの秘訣はセックスを我慢しないこと/27歳某メーカー営業の性事情(4)

今回のインタビューは、某メーカーで営業として働く27歳のOL・Nさん。性欲を我慢しないことでイヤな人との過ちセックスを避ける、本命の人とはプラトニックな関係から、などなど今回のインタビューを遠藤遊佐さんが振り返ります!


 今回赤裸々に性生活を語ってくれたNさんは「10年来の親友とはヤリマン話をリアルタイムで逐一報告しあってます!」という開放的な女性。

 キャリアウーマンっぽい見た目にもかかわらず、『テニスの王子様』にハマッてるとか、女の子との恋愛にキュンとしたとか、意外な話が次々飛び出して、聞いているこっちもつい飲みすぎてしまいました。
(インタビューはこちら

ヤリマン化する理由は十人十色?

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス
Ed.ward

 さて、今回Nさんにインタビューしてみて面白かったのは、まずこの部分。
彼女がヤリマンの道に足を踏み入れたきっかけです。

********************************
N: 男女交際が面倒臭くなって、しばらくオタク活動や二次元妄想で発散してたんですけど、あまりに日照りすぎて、あるとき仲の良かった男友達の友達とヤッちゃったんです。
それが「どうしてこの人とヤッちゃったんだろう」と思うような宇宙人みたいな人で……(笑)。
「まったく好みじゃない子とヤッちゃうくらいなら、守備範囲内の人がいたら彼氏じゃなくてもいいからやろう」と決意をしたんです。
********************************

 いやあ、この連載を始めてからヤリマン女性の生の声を聞く機会が増えたと思っていたのですが、こういう理由は初めてです。
あまりにもブランクがありすぎて、一ミリも好みじゃない「宇宙人みたいな人」(具体的にどんな人かもっと聞けばよかった……)とついセックスしてしまったNさん。

 ヤリたいのを我慢する → 欲求不満が募って誰でもよくなる → まったく好きじゃない人とセックスしちゃって後悔するという負の連鎖。
それくらいなら、少しでも興味が持てる相手とどんどんヤッて性欲をコントロールしたほうがいい。
びっくりするくらいロマンのない理由ですが、あまりに筋が通っていて思わず納得してしまいました。

 だって、想像してみてください。朝、目が覚めたとき隣に宇宙人が寝ていたら……誰だって「これはいかん、なんとかしなくては!」と思うはず。
「ヤリマン=スタンプラリー説」を聞いたときも新鮮な驚きを感じましたが、今回はそれ以上のインパクトがありました。

 ああ、げに深きはヤリマン道。
しかし、こういう話を聞くと、やっぱり女性用の風俗は需要があるのかも……と思っちゃいますね。

付き合う前にセックスしておくべきか問題

 そして、もう一つ興味深かったのが、こちらのやりとり。

******************************
N: そもそも女性ってセックスすると情が移って好きになる人が多いじゃないですか。
だから自分の中では、ヤル相手と付き合う相手は分けてます。
好きになっちゃうかなと思ったら簡単にセックスせず、ちゃんとプラトニックから始めるようにもっていきますね。

――なるほど。でもそれって難しいところじゃない?
「本気の相手とはプラトニックから始めたほうがいい」っていうのは正論だけど、「付き合う前に身体の相性を確かめておかないと不安」っていう考え方もあるし。
******************************

 そう、「付き合う前にセックスしておくか問題」です。
この問題、女性なら誰でも一度はぶちあたったことがあるんじゃないでしょうか。

 お互い好意を抱いて告白、デートを経てドキドキしながらセックスに至る。そりゃ自然にそういう流れになってくれればいいけれど、ある程度の年齢になると「合コンで意気投合してそのままお持ち帰り」なんてパターンも増えてきます。

 そこで困るのが、「一回相手と肌を合わせるとなんとなく好きになってしまう」という女子の習性。
好きになっても相手はセフレとしか思ってなかったり、真面目に付き合うには問題のある男性だったりしたら悲劇です。

 だったらNさんが実践しているように、ちゃんと付き合ってお互いをある程度知るまではセックスしないべきか。
しかし、これもそうとは言い切れません。だってパートナーになるには体の相性も大切。付き合って、愛情を高めて、いざベッドインしてみたらまったくセックスがよくなかった……なんてことになったら目も当てられませんからね。

 セックスが先か、お付き合いが先か。
個人的には、セックスには必ず普段の性格が反映されるし、腹を割って付き合っていけば性の相性もなんとなくわかってくるような気がするんですが……。
でも、やっぱりそう簡単に答えは出せません。

 私に言えるのは「ニワトリが先か卵が先か」ばりに難しい問題だということくらい。
「これだ!」という答えが見つかった方がいたら、是非悩める女子達にご教授いただければと思います。

 次回は、「実は、お酒に酔った勢いで応募しちゃったんです(笑)」というMさん(24歳)のインタビューをお届けします。

Text/遠藤遊佐

遠藤遊佐さんの取材を受けてみたい方、絶賛募集中です!特に30代でまだ経験がないバージンの方からのご応募お待ちしております!

お申し込みはこちら

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話