• sex
  • 2014.10.21

友達の前でセックス、他のセフレと3P…初恋相手との危ないセフレ関係/癒し系美女(29歳)の性事情

  今回インタビューさせてもらったのは、デザイン事務所勤務のOさん(29歳)

 くっきりした顔立ちに甘い喋り声、いかにも「モテそう!」な感じの癒し系女子であります。いわゆるキラキラ女子なんだろうなと思いきや、じっくり話を聞いてみると実はけっこうヘビーな恋愛経験をしていることが発覚。
そしてさらには、びっくりするような告白も……。

奇抜な青文字系ファッションでモテなかった女子校時代

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス
シックな服がよく似合う、癒し系美人でした


――まず、性の目覚めを教えてもらえますか。

O: 小学校高学年の頃に、両親の寝室で『週刊プレイボーイ』を見つけたのが最初ですね。ちょっとエッチなマンガを見て、それで初めて「ああ、男と女はこういうことをするんだ」ってわかりました。
セックスという言葉自体は認識してたけど、具体的にどうするのかは知らなかったんです。



――オクテだったのかな。オナニーとか男女交際は?

O: なかったですねえ。
中学高校が女子校だったんでオタク系の同級生からBLマンガがまわってきたりもしたんですけど、自発的に妄想したりオナニーしたりっていう方向にはいかなかった。ずっと部活で器械体操をやっていたので、それに夢中でしたね。

――あの…Oさんって喋り方かわいいし、今もお酒飲んでイイ感じにホワンとなってるじゃないですか。たぶん男からしたら「イケそう!」って思っちゃうようなキャラなんですけど、誘われたりしなかったんですか。

O: 私、昔と比べてずいぶん見た目が変わったんですよ。当時は裏原系というか、前髪は眉上パッツンで眉毛が半分しかなくて……ちょっとイタい感じのファッションだったんです。
『KERA』って雑誌あるじゃないですか。ああいう感じ。だからまったくモテなくて、卒業写真なんか見ると今でも「うわー」って思っちゃう。

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス
『KERA』/ジャックメディア
きゃりーちゃんとか木村カエラに代表される、青文字系ってやつですね。


――えー、意外。今は落ち着いたファッションでモテ系なのに。じゃあ、その見た目が変わったのはいつ頃?

O: 高校卒業後は美大に進学したので、髪の毛を紫に染めたり刈り上げたりして、さらにイタい感じになってました(笑)。それに課題が忙しくて、出会いもないし。だから、モテを意識しだしたのは25歳頃からです。

――じゃあ初めて男の人と付き合ったのは?

O: 美大在学中にアルバイトで美術系予備校の講師をしてたんですけど、そのときの生徒に告白されて付き合ったのが初めて。年下で、19歳だったかな。
でも、彼は優しい予備校の先生としての私が好きだったみたいで、実際に付き合ったら「思ってたイメージと違う」ってサクッとフラれちゃったんですよ。1ヵ月半くらいで終わりましたね。

――なんだそれ! 勉強しろよって感じですよねえ。

初恋の相手をセフレ状態のまま思い続けて……


O: でも、実は私もその彼氏より好きな人がいたんです。美大の予備校に通ってたときの男友達にずっと片思いしてて、それが初恋。実は初キス、初エッチもその人が相手で。

 でも、彼とは結局最後まで付き合えなかったんですよね。
セフレ状態のまま好きな時期が5年間くらいずっと続いてたから、その経験が今の私の恋愛スタイルとかセックス観にすごい影響してます。
実はオナニーも、その人に「して見せて」って言われてやったのが最初。だから、その彼に教えられたオナニーの仕方が今も私の基本フォーマットになってる(笑)。

――うわー、今まで知識も実体験もほとんどなかったところでの初恋がそれだと、けっこうこじらせちゃいそうですね。相手の人はどんなタイプ?

O: スケーターで、高校を卒業してニューヨークに行ってて、でもやっぱり美大に進学したくて予備校に入って……みたいな人。
今まで会ったことのないタイプで、チャラい感じさえもかっこよく見えたんですよね。まあ、見た目は全然かっこよくないんですけど。

――誰に似てたの?

O: 良く言えば要潤。悪く言うとネズミ男(笑)。

――うう、その2人にまったく共通点が見いだせない……。5年の間に付き合うチャンスはなかったんだ。

O: 3年目に一度「付き合って」って言ったら音信不通になっちゃったんですよ。「俺ら、そういうんじゃないでしょ?」って。
でも、今考えたらそりゃ無理だろうなって思います。だって、5年も関係持っていたのにキスしてくれたのって最初の3回までですよ。「俺、好きな子とじゃないとキスはしないんだよね」とまで言われて……。
しかも毎回するのが彼の実家なんですよ。セックスしてるのが彼の親にバレてもいたから、「もっと静かにやれ!」と怒られたこともあった(笑)。

――実家にまで呼んどいてセフレ扱いってひどいなあ。そこで見切りつけれればいいけど、やっぱりそれは初恋だし初キスの相手だし、難しいよね。

O: そうなんですよ。で、なぜか「いつかキスしてもらえるようにならなきゃ!」ってヘンな方向に気持ちがいっちゃって。

――ダメな人と付き合う女の子って、がんばりが裏目に出ちゃうんだよね……。

O: 友達がいる前で誘ってきてセックスしたり、別のセフレの女の子に負けちゃいけないと思って、その子と彼とで3Pみたいなことをしたこともあったなあ。
なんかヘンだとは思っていたけど、競争心もあるし、つまんない奴だと思われるのが怖くて断れないんです。彼と続けていくには「めんどくさい女じゃない」っていうのが第一条件だと思ってて。

 実はその人とは別れた後もたまに会ってて、きちんと誘いを断れるようになったのはここ最近。
でも面白いことに、そうすると向こうから連絡くるようになるんですよ。あんなにほったらかしだったのに、こっちが興味示さなくなるとやっぱり惜しくなってて、笑っちゃうくらいセオリー通りだなって思いましたね(笑)。

 次回は、辛い恋愛から抜け出すためのOさんのヤリマン化についてお届けします。

Text/遠藤遊佐


遠藤遊佐さんの取材を受けてみたい方、絶賛募集中です!

お申し込みはこちら

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら