• love
  • 2012.11.26

“家族”に今一度向き合ってみませんか? 『アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち』

アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち サム・レビンソン エレン・バーキン エズラ・ミラー エレン・バースティン デミ・ムーア トーマス・ヘイデン・チャーチ ケイト・ボスワース 彩プロ
©2011 DIMS Film, LLC. All Rights Reserved.

 辛い時には助け合い、慰め合う“家族”関係は理想的ですね。そんな誰もが求める”家族”像には程遠く、問題を抱えながらも生き抜いていく一つの家族の物語を紹介します。
1980年代にセクシー女優として映画館に君臨したエレン・バーキンが主演を務め、体を張った演技を見せます。デミ・ムーア、エレン・バースティンといった豪華出演陣が脇を固める本作を手がけたのは、弱冠26歳の新鋭サム・レビンソン。『レインマン』で知られるバリー・レビンソン監督の息子だけあり、そのDNAを受け継いでいるかのごとく家族一人一人の繊細な心の動きを捉えた演出力が光ります。

 前夫ポール(トーマス・ヘイデン・チャーチ)との間に生まれた息子ディラン(マイケル・ナルデリ)の結婚式に向かうリン(エレン・バーキン)。そこで待っていたのは、前夫とその現妻や、嫌味ばかりの母親、そして噂話が好きな親戚たち。彼らはお互いの問題を全く聞き入れようとしない。
やがてそれぞれが抱える問題とストレスが、結婚式当日に大騒動を巻き起こしてしまう――。

 この映画には自分本位だったり、手に負えなかったり、問題を抱えた人ばかりが登場します。だけど、どこか憎めなくて愛らしく、やはり“家族”だから放っておけないし、かまってあげたい気持ちにさせられてしまいます。
一緒に理想の“家族”を作りたい相手と、この映画でその作り方のヒントを得るのもいいかもしれません。
愛する人との絆は、永遠でありたいものですよね。

アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち サム・レビンソン エレン・バーキン エズラ・ミラー エレン・バースティン デミ・ムーア トーマス・ヘイデン・チャーチ ケイト・ボスワース 彩プロ
©2011 DIMS Film, LLC. All Rights Reserved.


12月1日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

監督・脚本:サム・レビンソン
キャスト:エレン・バーキン、エズラ・ミラー、エレン・バースティン、デミ・ムーア、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ケイト・ボスワース
配給:彩プロ
レイティング:R-15
原題:Another Happy Day/2011年/アメリカ映画/119分
URL:映画『アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち』公式サイト



Text/Michihiro Takeuchi

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話