• love
  • 2016.04.13

バカな発言に心を込められる男最高…!北島康介よ、ときめきをありがとう

先日、数々の栄光を勝ち取ってきた元・水泳選手 北島康介さんが引退されました。北島さんの姿に惚れてしまった女性も数多くいるのではないでしょうか?今回は北島さんの言動にスポットを当て「バカっぽく聞こえてしまう言葉」を発する人の魅力について考えてみましょう!

バカに見える言葉を
心の底から叫ぶカッコ良さ

舘そらみ 応用のきかない恋愛論
©by berkuspic

 北島康介って、なんでこんなかっこいいんだろう。
あ!「北島康介かっこいい」とか、ちょっと自尊心が邪魔をして言えない、という淑女の皆さん、もう言っちゃいませんか? 北島康介って、やっぱかっこいい。

 ああ、図には乗らせたくない。
あの、見るからに自分がモテることを分かっている彼を図に乗らせたくはない。
でもさ、彼って、セクシーではありませんか、やはり猛烈に。

 確かにオリンピックでメダルを取るような人間は、どう考えてもやはりかっこいい。
羽生結弦くんだって、高橋大輔だって、もう室伏広治だって、荻原健二だって、もうみんなかっこいい。
てか今名前を出した人たち全員、パソコンの漢字予測変換でみんな出て来やがった。
漢字の予測変換で出てくるような人間は、やはりみんなかっこいい。
もうその、とてつもない能力と努力の前に、魅力を感じずにはいられない。

 でもね、そんなことを言っているんじゃないんです。
北島康介の、あの、恥のかきっぷり、かっこいい。
あの、バカさ丸出し、かっこいい。

 一体どこのバカヤローが、あんな一世一代の大勝負の場で、あんな馬鹿なセリフをはけましょうか。
「超きもちー」だ?「何も言えない」だ?
なんだあんな、サルでも言えるような素直な言葉は。
あいつには、人に響くような言葉を言いたいという気概がないのか。
頭よさげな言葉を言わなきゃ、という呪縛はないのか。

 バカな言葉を、心込めてはける人って、強いなあ、と。
もうそれだけで、うずくなあと。

 人並み外れた努力をして、自分を追い込んで、結果あんな言葉しか吐けないのかい、と。
そんな人に、憧れます。

<バカな言葉を心をこめてはける男子とは?>

理屈をこねくり回すと心には響かない!?

 私はやはり、頭の良い言葉を言ってしまいます。
どこかでフッと発言を求められた時も、
「こんな言葉を相手は求めているのかなあ」なんて勝手に計算して、
「分かりやすい、効果的な言い回ししよう」なんて、受け取り手の印象なんて考えて、
こねくり回して、結果、誰でも使うような言い回しをしてしまいます。

 そんなの、誰にも届かないのに。

 バカな言葉を、馬鹿正直に言える己の強さが欲しい。
 バカな人間って、モテる。
よゐこの濱口だって、あそこで「取ったどー!」て叫べる強さで、数ある淑女の、ガードをドッカ―ンって解いてしまうんだ。

 そう、バカな言葉は、直接女の下半身貫いて、かなぐり捨てさせてくれるんだ。
バカなことを言ってくれる男性、ありがとう。

「おいお前ら、理屈こねくり回してないで、飛び込んでこいよ!」って、伝えてくれてありがとう。

 もっとそんな言葉をくれないか。
世の男性、もっと、そんな言葉をくれないか。
頭の良い言葉はもう要らないから、あなたの感覚だけで放たれた、幼稚園児でも吐けるような言葉をくれないか。

 北島康介よ、ときめきをありがとう。
等身大のあなたは恐らくして、女に対してはものすごくクソ野郎かもしれないけれど、でも、もしあなたの「超きもちー」に呼応して、どこかの頭でっかちの男が1人でも、脊髄反射のごとくこの言葉を放っていてくれたら嬉しいです。

 今、聞きたい。笑ってしまうほどまっすぐな言葉を。
バカ、来い。
バカがダメだと誰が決めた?
バカな言葉を好きな女は、そこかしこにいるよ。
きどったオシャレな言葉より、バカ丸出しの脊髄からの言葉をください。
幼稚園児のような言葉を、大真面目に、叫んでくれ。

Text/舘そらみ

北島康介のような男子と恋したいなら!

Poiboy
©Poiboy

AM編集部がプロデュースした女の子のための恋愛応援アプリの「Poiboy」は、女性同士で気になる男性をオススメし合い、好みの人を見つけてコミュニケーションができるアプリです。
気になる男子をポイ(フリック)する「お気に入り登録」や、お気に入りの男子をグループ分けして楽しむ「コレクション機能」、仲良くなりたい男性とだけできる「メッセージ交換」など、恋愛に受身な女性でも気軽に楽しみながら利用することができます。
「Poiboy」はApp Storeでダウンロードすることができます。Android版も近日中に登場する予定!

ダウンロードはこちら

ライタープロフィール

舘そらみ
脚本家・俳優。1984年神奈川県生まれ、トルコ・中米育ち。映画「私たちのハァハァ」の脚本を執筆。Twitter:@_sorami

今月の特集

AMのこぼれ話