• love
  • 2014.07.02

“女として自信がない”呪縛から解放されて、幸せな恋をするには?


【第4回】モテの正体とは?ビッチor美人になりすまそう!

アルテイシア 恋愛デスマッチ 三十路 無駄モテ 結婚
by Robert Ramirez

AM編集部(以下、AM): 「女として自信がない」という劣等感をこじらせて、幸せな恋愛ができない女子が多いのですが、そんな人達にアドバイスをもらえますか?

アルテイシア(以下、アル): この前『まぼろしチアノーゼ』(『FEEL YOUNG』6月号より)という漫画を読んで、すごく面白かったんですよ。その漫画には姉妹が出てくるんだけど、姉は美人でモテ系で、妹は地味で非モテ系。

 姉に「男は選ばないとダメだよ」と言われた妹が「選べる立場の人が言わないでよ」と思うシーンが印象的でした。
妹は初体験の相手に雑に扱われて、すごく傷ついているんだけど「一瞬でも女扱いされたい」って想いから離れられないんです。

AM: ああ…そういう状況で傷ついている女子は多いと思います。

アル: 「姉は男に選ばれる女で、だから男を選べる」「私は姉と違う、女として劣っている」という劣等感を抱えてるんですね。

 私も十代の頃はデブで非モテで、自信なんて全然なかった。
でも、当時から<男に選ばれる=価値がある>とは思わなかったんです。それは、男を大したものだと思ってないから。
「べつに男ごときに選ばれてもよ」って感覚が昔からあったんです。

AM: なるほど!だから<自分の価値は自分で決める>と思えたんでしょうか?

アル: 「男に決められる」って感覚はなかったです。
中高と女子校で、男の視線やモテカーストが存在しない世界で育ったのも理由だと思う。
でも男嫌いじゃないんですけどね、男友達もいるし。男嫌いというより、女好きなんですよ。男よりも女に好かれる方が嬉しいし。
こういう性格だから女子校が合ったんでしょうな。

AM: 男より女が好きだったら<男に選ばれる=絶対的な価値>と考えずにすみそうです。

アル: うん。だから「処女喪失してホッとした」みたいな感覚も一切なかった。
でも、「男に欲情された証がほしかった、相手は誰でもよかった」って女子もいるでしょ?

 私は初体験に思い入れはなかったけど、少なくとも「自分が選んだ男とやりたい」と思っていたので。こういう性格だから、ビッチだった頃もあまり傷つかなかったんだと思います。

ネガマン防止でビッチになりすます!

AM: ビッチにも傷つく人と傷つかない人がいますよね。

アル: その漫画の妹も、セックスしている一瞬は女として価値があると思える。
でもその後、雑に扱われてもっと傷つく。それをわかっているのに、一瞬を求めて依存してしまう…ってパターンですよね。
男に価値を委ねていたら永遠に苦しいと思う。ていうか、男ごときに傷つけられてほしくないわ~。

AM: 「男ごときに選ばれても」と思えれば楽になるんでしょうけど…それって思えるものでしょうか?

アル: 荒療治だけど、ビッチになりすましてはどうかしら?

AM: なりすます?なるんじゃなく(笑)?

アル: 自信がない子は、ネガマンになっちゃうリスクが高いでしょ。やった男にハマったり自己承認を求めすぎたり。だからビッチ風のコスプレをして、見た目だけ変身してみてはどうか。

 私は18歳で痩せたんだけど、それまでシノラーファッションで女扱いされなかったんですよ、デブのチンドン屋みたいで(笑)。
それがトチ狂って、豹柄のキャミワンピとか着るようになって…痩せても骨太だったので、女ターザンみたいだったけど。

AM: 女ターザン(笑)。

アル: そんな密林から出てきたような女でも、ナンパもされるし飲み会でチヤホヤもされるんですわ。一瞬モテと錯覚したけど、すぐさまヤリ目的だと悟って。
そしたら「こいつら脳みそチンポだな」と男が全員バカに見えました。
あと、男に性的対象として見られまくることで「案外、不快なものだ」と実感するんじゃないかな。

AM: 実感は大きいですね。「性的対象として見られたい!」という切望がなくなれば、呪縛から解放されると思います。

アル: ニヤけた男に胸とかチラ見されて「見るなボケ!」とムカつくといい。そしたら「こんな奴らに欲情されて何になる」と思えるから。

 男嫌いになるリスクもあるし、荒療治ですけど。
でも私、男に怯えるよりはバカにした方がいいと思うんですよ。呪縛を解くための通過儀礼として。
「女扱いされないんじゃ?」とビクビクするより、「バカめ!」と思った方が堂々と振る舞えるでしょ?
そのうち「とはいえ、いい奴もいる」「意外と可愛いところもある」と思えたら、男と対等に付き合えるんじゃないかな。

AM: その方が幸せな恋愛に近づきそうです。少なくとも、ヤリチンに雑な扱いをされるよりずっとマシですね。

アル: パッケージ(服とメイクと髪型)を変えるのは、中身を変えるよりも簡単だし。
ビッチ風に抵抗があるなら、美人風になりすますのもオススメ。
私も部屋着にすっぴんで歩いてる時は見向きもされないけど、美人風のコスプレで歩いてると、男の態度がまるで違う。道路工事の人も親切に誘導してくれるし(笑)。

AM: ほんと「ここまで態度が変わるか?同じ人間なのに!」と思いますよね。

アル: それでバーとか行くと男が寄ってくるから「モテってこんなもんかよ!」「単なるパッケージの問題かよ、しょーもな!」と実感すると思う。

 劣等感の強い女子は<モテとは特別な才能であって、自分にはそれがない>と思い込んでいるでしょ? モテを特別視しなくなることで、呪縛から解放されるんじゃないかな。

モテは目的ではなく手段

アル: モテの正体って「雑魚にチヤホヤされる」ことであって「好きな人に好かれる=マッチング」とは別物ですよね。 そういうモテのくだらなさを実感すれば、楽になると思います。

AM: そのためにパッケージを変えて、いっぺんモテを経験してみようと。

アル: 「キャラじゃない」と抵抗のある人は、知り合いのいないバーや街コンに行ってみるとか。

 私はハレとケを楽しみたくてコスプレしています。在宅仕事なので、いつも入院患者みたいな格好だから(笑)。 毎日は面倒くさいけど、たまに変身すると楽しいですよ。

AM: そうやって変身を楽しめるといいですよね。男のためじゃなく、自分のために着飾るっていう風に。

アル: そうそう!慣れると楽しくなりますよ。
なにより、パッケージを変えると中身もじょじょに変わってくるから。

 私もデブのチンドン屋時代は、男の前でビクビクと卑屈な態度でした。
非モテ風のパッケージだと男にナメられて、雑に扱われて、自信のない態度になるでしょ?それだと、ろくでもない男を引き寄せちゃうし。

 美人風のコスプレで美人扱いされると、だんだん自信と余裕のある態度になって、中身も美人風になっていく。すると、どんどんモテるようになってくる。「モテがモテを呼ぶ」ってやつで。

AM: モテる男女がモテるのって、モテるがゆえの自信と余裕が魅力的だからであって、必ずしも顔や条件がいいわけじゃないですもんね。

アル: 顔や条件がよくてもモテない人はいっぱいいるし。非モテから成り上がる人もいっぱいいる。
モテって目的じゃなく手段なんですよ。自信と余裕を身につけるための。

 私はニコ動で男子向けに連載していて、<女子と話せない>みたいな悩みがいっぱい届くんです。
彼らに「雰囲気イケメンに変身する方法」を指南して、オフ会等に行って「異性との会話に慣れる練習」を勧めているんですね。
それを実践した読者から<人生が180度変わりました!>って報告をよくもらいます。女子が怖くなくなって、楽しく話せるようになって、女友達ができたとか。

 その結果、自信と余裕が身について<好きな子と付き合えた>って報告ももらいます。 <1年前の自分なら絶対無理でした><ただしイケメンに限ると思っていたけど、違いました>とかメールに書いてますよ。

幸せの秘訣は「自分の人生を自分で選ぶ」

AM: 実践しないと気づけないし変われないから、「試しにやってみる」のはほんと大事ですね。

アル: ほんとそう。結局、幸せになるのって<人の意見を聞ける人>なんですよ。
「どうせ自分なんて」「そういうの苦手だし」って言い訳していたら、永遠に変われないから。

 ただ、絶対にイヤなことはしなくていい。逆にいうと、そこまでイヤじゃないことは試しにやった方がいい。
私でいうと、男に媚びるのとかは絶対イヤで。
となると、みずから男を選びにいくしかないんですよ。選ばれるために努力するのは苦痛だから。そんな難儀な性格だけど、結果的にはよかったと思う。

 たとえば<結婚=男に選ばれた証>って考える人もいるでしょ?
「選ばれる」って受け身な姿勢だと、自分軸で選べないから。そしたら、あの夫を選べなかっただろうし。
<自分の人生は自分で選ぶ>のが幸せになる鍵だと思います。

AM: それと<呪縛を解く鍵は自分が持っている>ってことですね。

アル: はい、試しに女ターザンになるのも愉快ですよ。アダモちゃんでもいいしね。
アダモちゃんなんてみんな知らないか(笑)。

 次回は【決断なくして幸せな未来はない!だめんず恋愛の終わらせ方】をお送りします。お楽しみに♪

恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座 アルテイシア
『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』/著:アルテイシア/出版社: KADOKAWA/メディアファクトリー

 新刊『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』が発売中です!
草食系男子の落とし方・男をトリコにする秘訣・正しいオナニーの方法…etc、女子がハッピーに生きる知恵が満載♪
質問や感想は、@artesia59までどうぞ~

Text/アルテイシア


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!


ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話