なぜ人間はギャップに弱いの?眼鏡男子がハーレーダビッドソンを乗り回す

ミカコちゃん:「ねぇねぇイシジマ、AM読者様の中で一番、ギャップに萌える女性って誰?」
担当編集I嬢:「最近『静かなるドン』にハマってるんですが、冴えない会社員が実はヤクザの総長っていうギャップがいいです」

今週のテーマは「ギャップ萌え」です。高校生ふうに例えると、どしゃ降りの雨の中、校内イチの不良男子が捨て猫を拾っている姿に胸キュン……みたいな。

これが、生徒会長をやるようなマジメ男子が同じ行ないをしても、さほど胸キュンしないんですよね。捨て猫なんぞスルーしそうな不良男子だからこそ、たまたま見かけた女生徒は胸キュンするわけです。

私たちがギャップに萌えてしまう理由

今こそ全ての日本国民に問います。

なぜ人間は、ギャップに弱いのでしょうか? 

そんなことも知らずに、やれ「同じギャップでも、土曜の朝の顔がトイレ不倫したギャップには誰も萌えない」とか「萌えないどころか大バッシングでしたね」などと言っている日本人のなんと多いことか。

しかしミカコちゃんは知っています。人間がギャップに萌える理由は……!? 

「生存能力の高さを感じるから」です。

芸能人で例えるとわかりやすいかな。本来であれば、アイドルは「カッコいいこと」がお仕事で、おもしろ発言を求められている存在ではありません。一方で芸人さんは「面白いこと」がお仕事で、カッコよさを求められている存在ではありません。

前後の連載記事