• love
  • 2014.05.16

沢尻エリカの水戸黄門的安心ドラマ『ファーストクラス』刑事モノの箸休めに

刑事モノづくしの中で輝く『ファーストクラス』

 こんにちは!
GWもおわり、一年で一番いい気候の時期ももうすぐ終わってしまいそうですねお元気ですか!

 さて今回は「別に」発言から早7年(7年!!!!)。エリカ様8年ぶりの主演ドラマ『ファースト・クラス』についてです。

   ドラマといえば一昔前は恋愛モノばかりだったのに、最近では相棒や倍返しのヒットで刑事モノや重厚系が多くなり、今期は特に刑事モノばっかりでなんとなく「いやー相棒も好きだし内容が濃いものの方が面白いんだけど仕事終わった後までそんなん見たくないしさ~もっと軽いやつとかくだらないやつも見たいんですけど」という気持ちがとても芽生えている今日この頃。
その期待に応えるかのように土曜深夜にやっているのがこちらのドラマです。

 内容を一言で説明すると「下品なプラダを着た悪魔」でしょうか。
煌びやかなファッション雑誌編集部で繰り広げられる格付けしあう女達!
そしてその中に巻き込まれたファッション好きな純朴系ヒロイン エリカ様!ってな訳なんですけどそもそもこの時点で無理ある。

エリカ様が純朴って言われても……
野心オーラびんびんだよ

沢尻エリカ ファーストクラス 中丸 KAT-TUN
©John O'Nolan

 毎週、今週のマウンティングランキングが発表されて、エリカ様は最初最下位、そこから徐々に上がっていっているわけですが、まずもう最初からエリカ様からは隠しきれない野心オーラしかでてなくて『いや最下位って言われても…こいつが実質No.1ですね』というある意味水戸黄門的な安心感でみていくことができます。

 そもそもオープニングで「この物語は、6畳一間に住む一人のシンデレラが~~困難や格差に負けずに成功への階段を駆け上っていく物語です」ってLiLiCoさん早々にネタバレしてます。特にどんでん返しとかはなく駆け上るんですねわかりました!
しかも6畳一間に住む~って言われても、それとても普通……都内一人暮らしの女は大体がそうでは……。
ある程度安定した生活できる収入あったとしてもそんな感じですよね…?

中丸さん、その鎖、まじすか

 そんな中、突然KAT-TUN中丸くんによる裸ガウン+首輪+鎖でおばさんたちにご奉仕(といってもワインついだりするだけ)シーンがはじまったりもします。
まるでサスペンスドラマの美女温泉おっぱいシーンのように「サービスタイムもちゃんとご用意があります!」と言わんばかりに始まったんですが、こっちはあんまりそんなつもりで見ていないので、突然のサービスシーンに心が全くついていきません。
え、中丸なにやってんの?首輪に鎖って……。
ファンがあれ見て喜ぶとも思えないし、特にファンでもない私がみても「???」だし、一体誰用なんでしょうね。

 あと細かいことで申し訳ないんですけれども、中丸くんは自分の女上司に、クライアント(お年を召された女性ばかり)接待の飲み会でご奉仕させられるわけなんですが、その時に首輪につなげた鎖をもっているのは、女上司なんですね。
それで、鎖を引っ張って、「ほら、お客様にワインお注ぎして」とかいうんですけど、いやその鎖持つのはクライアントのババアだろ。
なに女上司自分で鎖もって楽しんでんだよクライアントにやらせてやれよそれ一番楽しいところじゃんって思いました。
あとできればガウンなしでパンツ一丁でご奉仕してる方がちょっと楽しいと思いますのでよろしくお願いします。

 ……結局突然はじまったことに戸惑いを覚えただけで中丸くんご奉仕シーンはそれなりの成果をあげていると書きながら自覚しましたすみません。

『みんなこれが見たいんでしょ?!』なエリカ様に期待しちゃう

 しかしなんやかんや、のし上がるターンに突入したときのエリカ様はさすがの迫力であります。
ほら!これがほしいんでしょ!!感がヤバいです(そりゃ先輩方もいじめるわ)。
あの期待に全力でこたえてくるエリカ様みていると、いつの間にか「いいぞいいぞもっとやれ」という気持ちに。
いつだってほしいのをくれるんですよ!
あー早く純朴なターン終わってガシガシのぼりつめていってほしいですあのエリカ様がもっともっとほしいよ~!

 と、気づいたらエリカ様に虜になりつつある中、ふとした疑問。
女達の戦い!っていうテーマですけれども、そもそも女ってこんなんだったっけ…?ここまで?そうなんですか?ファッション誌編集の方々!
いろんな職場に一人くらいはこういう類の女性いそうですが、こんな奴いたら全員から嫌われそうなもんです。
こんなに集結してやりあうとかねーわwwwマウンティングって、犬かよ!というベタなツッコミをしたくなったりしますがでもそういえば大○小町とかみてるとまじかよ!!っていうような女人間関係のいざこざあったりしますよね。
……自分は恵まれているんだなぁと気づくと同時にやっぱり私はまったく戦ってこなかったのだと再認識してるなう(参考→田中みな実の対極といえる生き方)。
戦っていかなきゃなあと思っていたことをすっかり忘れていたので、このドラマ見ながら思い出そうと思います!

 そんないろんなことに気づかせてくれるドラマ「ファースト・クラス」!
刑事モノドラマの箸休めに超おすすめです!

Text/山田コツボネ子

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

山田コツボネ子
お局を目前にした社歴7年目のOL。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら