• love
  • 2013.03.20

ジブリ男子総選挙2013! 付き合うならハウル? アシタカ?

Twitterで呼びかけたら
たくさんの投票が集まりました

ジブリ男子総選挙 画像
©Brame+du+cerf

「ジブリ作品に出てくる男性キャラの中で、誰が一番タイプ?」

 この質問、合コンや女子会などの飲みの席で、一度は盛り上がったことのあるトピックではないでしょうか。

 ある世代以降の日本人にとって、ジブリ作品は幼いころから繰り返し刷り込まれてきた原体験。
多くの人が共通認識として“知っている前提”で話ができるため、ネタにされることも多いようです。
 実際、ジブリ作品に出てくる男性は、キャラのバリエーションが豊富なので、
「私はハウルかな」
「えー趣味わるーい! 絶対アシタカだよー!」

などとじゃれあうにはもってこい。
いかんせん実在しませんから、誰も傷付けないのも題材として魅力的です。

 とはいえ、しょせんは“飲み会のネタ”レベルの話。
果たしてどのキャラが本当に女性から人気なのか、これまできちんと集計されたことはあまりないはず……。

 そこで、他人のフンドシで相撲をとることにかけては横綱級との呼び声高いこの私が、Twitterで「#ジブリ男子総選挙」なるハッシュタグを作成。
志あるライターであれば「え、今さらジブリで人気投票…?」と尻込みしてしまうはずの手垢のついたこの企画にいけしゃあしゃあと取り組み、大々的に投票を募りました。

 すると、2月26日~3月5日の1週間で、実に236票もの回答が集まったのです(一人による複数回答を含む)。
予想外の反響に自分でもびっくりするとともに、ランキングもたいへん興味深いものになりました。

 そこで、その開票結果をここに発表したいと思います。

“飲み会のネタ”レベルの話題で記事を一本でっちあげるこの腐ったプロ意識。
これだからウェブの原稿は安く買い叩かれるんだ、とライター諸兄から怒られたり、ジブリの威を借る“ライター界のスネ夫”と陰口を叩かれても仕方ありません。
やったもん勝ちです。

 あらためまして、投票してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 それでは、次のページからいよいよ結果発表です!

第1位:ハウル(ハウルの動く城) 26票                         

ジブリ男子総選挙 画像
©Brame+du+cerf

【主な投票理由】
・中性的でセクシー。生き方があぶなっかしいところが魅力的です。
・基本はだめんずだけど、全身全霊で尽くしてくれるから。
・弱いのに、守りたいもののためなら頑張れちゃうところが愛おしい。
・魔法使いなのに弱虫なんて、毎晩ホットミルクを運んであげたくなっちゃう。
・自分に甘えてくれるイケメンのダメ男なんて、乙女の夢じゃないですか!


【寸評】
「ヘタレだけど、そこがかわいい」という意見で、堂々の1位を獲得。
だめんずに引っかかってしまう女性が、世の中から一向に減らない理由がわかった気がします。
ただし、「付き合うならハウルだけど、結婚するなら別のキャラ」という条件付きでの投票が異常に多かったのも印象的。
“恋愛と結婚は別腹”という女性のシビアな現実認識が浮き彫りになった形となりました。

第2位:草壁タツオ(となりのトトロ) 24票

【主な投票理由】
・温和で知性的、娘を対等に扱ってくれる理想的な大人の男性です。
・子供の扱い方や、雰囲気、いかにも文系なゆるい見た目、すべてが大好き。
・知的で包容力があって、なおかつ子供の心を忘れていない。萌えます。
・あの素敵なパパっぷりに心を撃ち抜かれない女子はいるんでしょうか。

【寸評】
サツキとメイのお父さんが、まさかの2位という圧倒的な支持の高さを見せつけました。
現代女性の意外な“枯れ専”っぷりとともに、潜在的ファザコン層の多さを感じさせる結果となっています。
恋愛盛りの若い男がモテないのも、むべなるかな。これって日本にとって危機的状況なのでは…という心配すらしてしまいました。

第3位:アシタカ(もののけ姫) 23票

【主な投票理由】
・彼こそ男の中の男。今の時代、あんな男性はいません!
・強いし誠実だし、どんなサバイバル生活でも生きていけそう。

・ほどよく筋肉質で、童顔で、男気があって、誠実で、ちょっと天然。私の好きな要素が全部そろってるから。

【寸評】
正統派イケメンの面目躍如といったところでしょうか。
「ダントツでアシタカ」「アシタカ一択」「アシタカだろJK」など、理由を挙げずに無条件でゴリ押しする票が多かったのも彼の特徴。
「上半身をはだけてタタラを踏むシーンがたまらん」という性的鑑賞物としての意見のほか、「結婚するには正義感が強すぎて面倒くさそう」という鋭い指摘もありました。

第4位:ポルコ・ロッソ(紅の豚) 20票

【主な投票理由】
・あの顔なのに、声が渋い。豚なのにかっこよくて、その上チャーミング。
・かわいい上にかっこいいなんて反則。ほっぺにチューして照れさせたい。

【寸評】
理由を挙げた人のほとんどが「豚なのにかわいい/かっこいい/声がいい」というギャップに落ちていました。
「女はギャップに弱い」という陳腐な恋愛テクを、はからずも裏付けてしまう結果に。

第5位:天沢聖司(耳をすませば) 19票

【主な投票理由】
・あの若さでプロポーズしちゃうまっすぐで純粋なところ。そのまま大人になってほしい。
・露骨な愛情表現でキュンキュンさせてくれた、私の初恋の人だから。

【寸評】
正統派な支持理由が並ぶかと思いきや、
「余裕のふりして実は必死なところがかわいい」「嫁のことが好きすぎて頭おかしくなってる変人とか、たまらん」「少なくとも腹をくくって結婚するつもりがあるから評価できる」など、
意外と歪んだ(?)理由が多くて興味深かったです。

第6位:パズー(天空の城ラピュタ) 17票

【主な投票理由】
「勇敢で根性がある」「全力で守ってくれそう」といったイメージのほか、
「朝起こしてくれる」「あの“目玉焼きがのった食パン”を食べさせてくれる」「40秒で支度ができる」など、家事スキル・生活能力の高さを評価する意見が目立ちました。

第7位:ユパ様(風の谷のナウシカ) 15票

【主な投票理由】
猪突猛進型のキャラが多いジブリ作品の中で、「何事にも動じなさそう」「甘えさせてくれそう」といった、
穏やかで包容力のあるダンディな“おじさまキャラ”が人気を集めたようです。

第8位:ハク(千と千尋の神隠し) 10票

【主な投票理由】
眉目秀麗でミステリアスな容姿と、“おにぎり”への支持が高いようでした。

第9位:オソノさんの旦那(魔女の宅急便) 8票

【主な投票理由】
無口で朴訥だけど一生大事にしてくれそうなところと、オソノさんとの関係性に理想の夫婦像を見出したのか、
「結婚したい」票が集まりました。

次回から、キャラ別の
妄想恋愛診断、はじめます!

 第10位以下は、次のようなランキングになっています。

第10位:水沼史郎(コクリコ坂から) 7票
第11位:杉村(耳をすませば) 6票
第12位:カンタ(となりのトトロ)、クロトワ(風の谷のナウシカ)、バロン(猫の恩返し) 各5票
第15位:ムスカ(天空の城ラピュタ)、トンボ(魔女の宅急便) 各4票
第17位:草介(崖の上のポニョ)、トトロ(となりのトトロ)、ルパン三世(カリオストロの城)、ドーラの三兄弟(天空の城ラピュタ) 各3票
第21位:マルクル(ハウルの動く城)、カーチス(紅の豚)、マンマユート団(紅の豚)、ルーン王子(猫の恩返し) 各2票
第25位:翔(借りぐらしのアリエッティ)、ダッフィ(天空の城ラピュタ)、風間俊(コクリコ坂から)、ダイス船長(未来少年コナン)、カブ王子(ハウルの動く城)、庭師ロボ(天空の城ラピュタ)、トシオ(おもひでぽろぽろ)、カオナシ(千と千尋の神隠し)、ムタ(猫の恩返し)、スピラー(借りぐらしのアリエッティ)、月島靖也(耳をすませば)、西司朗(耳をすませば)、その他 各1票

……いかがでしたか?
あなたの好きなキャラは何位にランクインしていたでしょうか。
自分がダントツだと思っていたキャラが、思いのほか低い順位で驚いた…なんて方もいるのでは。

 このランキング結果を眺めているだけでも、飲み会で2時間盛り上がれそうですが、私だってスネ夫とはいえ、ライターの端くれです。
なんなら「コラムニスト」とか呼ばれてみたいお年頃でもあります。
みなさんからありがたく頂戴した投票結果をサクサクと並べただけで、原稿料をかっさらうのは正直申し訳ありません。

 そこで、むしろここからが腕の見せどころ。
果たして、上位にランクインしたキャラクターと恋愛、または結婚すれば、本当に幸せになれるのでしょうか?
ここはひとつ、「このキャラと付き合うと、こんなことでモメる」「このキャラが好きな女性は、男でこんな苦労をする」といった、“妄想恋愛診断”をしてみたいと思います。

 どうです?
これ、おもしろくなりそうじゃありませんか?
あと1回や2回は飲み会が開けそうですよね?

 というわけで次回、人気投票第1位『ハウルの動く城』のハウルからスタートです。
みなさま、どうぞ今しばらくお付き合いください!

Text/福田フクスケ

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら
■合わせて読みたい
3月特集
2月特集
官能小説から読み解く、ファムファタールのススメ
くらたまさんと円満離婚カップルを表彰!?

関連キーワード

ライタープロフィール

福田フクスケ
フリーライター。“くすぶり男子”の視点から恋愛やジェンダー、セックスなどを考察。

今月の特集

AMのこぼれ話