• blog
  • 2016.11.14

SEXのオトコの意見、オンナの意見

  • keyword:
images


おまえに飽きたとか、
めんどくさいとか、
そんなんじゃないんだ。

仕事で忙しいと、
「今回はあんまりがんばれないな」
と思うときがあるだろ?

そしたら
「じゃあ今夜はやめとこう」
となるだけ。

だってオレはおまえによく思われたいからさ。

オレが万全に出来るときにだけやる。
確かにそれはエゴかもな。

だけどおまえだって「やれ~」て言わないだろ。
言ってくれていいんだよ。

でもできれば上手に甘えてほしいな。
そしたらオレもがんばろうって思うし。

オトコも30代を過ぎると、
気持ちのように身体が動かないんだよ。

愛していることとSEXは違うんだ。

おまえのこと、愛しているよ。


=======================


疲れてるのは分かっている。

義務的にもやって欲しくない。

別に最高のプレイでなくても、
finishしなくてもいいから、
オンナとしてみられていると感じたい。

いつまでも男と女の関係でいるために、
そういう時間は大事でしょ? 

それにオンナにとってこの時間はね、
身体の快楽を得るためだけではなく、
愛されていると実感するための
心も満たす大事な時間なの。  

激しくやればいいと思っているわけじゃない
っていうけど、本当にわかってる?

あなたの愛を伝えようとしてくれてる?

私はオンナとして愛されて、
心も身体も満たされたいの。  

愛していることとSEXは、
同じ線の上にあるの。



関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

中野愛子
中野愛子

1979年兵庫県西宮市生まれ。立命館大学政策科学部卒業。専攻は野生動物の保全で動物(人間を含む)に強い興味を持つ。学生時代から合コンが日課で参加回数は計400回以上、お見合いや婚活パーティ、婚活サイトでの婚活も行う。サッカー選手、議員、某大手アパレルの御曹司らとの恋愛経験あり。大手人材会社で新サイトの立ち上げ、編集、プロモーションに従事するかたわら、「愛は世界を救う」というモットーのもと「モテ男塾」「恋愛力は仕事力」など恋愛に関する活動・イベントを多数開催している。趣味は、「恋愛!」と自信を持って言える婚活中の猛禽類女子代表。アラサー女子10人がつぶやく恋愛リアルネタを披露するTwitter@takadajyunjikoにも参加中。