『金融日記』著者・藤沢数希さん/ビッチ叩きはモテない男の妬み(3)

『ぼくは愛を証明しようと思う。』著者で恋愛工学の第一人者として名高い藤沢数希さんへのインタビューです。高収入男性と結婚したいというわりに、ビジネスの世界で活躍する男性を見抜く目が不確かな女性が多いという藤沢さん。では、見極めに必要なポイントとはいったい?

 月間100万PVを誇る人気ブログ・『金融日記』の管理人の藤沢数希さんに、今月の特集「愛とお金」についてうかがいました!

 第1回:自慢する金持ち男より年収300万円のナンパ野郎がモテる第2回:年収1000万円の男は実はモテない可哀相なグループも合わせてお読みください。

すぐ寝る女はビッチという意見は
モテない男のただの妬みですから

藤沢数希 インタビュー AM編集部
Toms Baugis


―でも簡単に寝たりしたら、軽い女と思われたりしませんか?

藤沢数希さん(以下、藤沢):これも以前にメルマガに書いたのですが、世の男性たちは、「すぐに寝る女は信用できない」とか盛んに言っていますが、あれ全部ウソですから。
世の男性たちの多くは、女子とすぐに寝れないんで、そうすることができる一部の男に僻んでいるんですよ。

 だから、せめて、そういう一部の男が簡単に寝られないように、必死でプロバガンダしてるんです。 「最初のデートで寝る女はビッチだ」「そんな女とはまじめに付き合えない」とか。 あれ、ただ妬んでいるだけですから。 「そんなすぐ寝る女とまじめに付き合えない」って言っている男に、すぐに寝てくれる女は現れませんから、そんな心配しなくてもいいんですけどね。
ましてや、他人の心配なんて、大きなお世話ですよ。

 だって、ふつうに考えて、何回もデートさせられて年収だとか色々詮索されたあげくにようやくセックスさせてくれる女と、「あなたのこと好き」と言って、身も心もポンと委ねてくれる女がいたら、後者の女のほうが可愛いに決まってるでしょ。