お尻を掘っても掘らなくても良きセックスパートナーになる方法

アナルを弄らなくても最高な関係になるには

前回は、セックスでアナル弄りを取り入れているカップルは最高のセックスパートナーになるんじゃないかという話をしました。アナル弄りをセックスのメニューに取り入れようとすると、衛生面を徹底しなければならないし、体への負担を最小限に抑えなければならないため、パートナーとめちゃくちゃ腹を割り合って本音でぶつかることが必須になります。その結果、お互いのことがより理解できるようになり、セックスのパートナーとして最高になるということです。ただ、アナルを弄り合いたい人ばかりではないですし、アナルなんて見たくもない人もいると思います。そこで、どんな人でもセックスのパートナーとの関係が最高になるような方法を考えました。

一方で、「実はアナルに興味ありました!」って方は、きっかけ作りとして、お風呂で体を洗ってあげるといいですね。何の前触れもなくセックス中にアナルを舐めたり指で触ったりすると、アナルまで念入りに洗ってない人もいるので衛生面で心配ですし、相手がアナルに興味があるかどうかも分かりません。体を洗いっこしながら少しずつアナルへ手を伸ばしていき、反応が良ければ泡で洗いながら指先でくすぐる愛撫をすればいいと思います。それなら受ける側の抵抗も少ないです。そこから徐々に許容範囲を確認し合っていくといいんじゃないでしょうか。表面だけならOKなのか、指も入れてみたいのか、おもちゃを使うのか、などです。それに応じた準備の仕方などを一緒に調べて、知識を共有していくとなおいいですね。

*女性の場合は大量のボディソープを外陰部に長時間触れさせること、腟の中にソープを入れること、アナルを念入りに洗った指で外陰部や腟を弄るのは厳禁です。

アナルを弄らない方は腹を割りまくる

アナルには興味がない方は、とにかく腹を割りまくることから始めるといいと思います。アナルを弄らないにしても、セックスは体の特に敏感な部分を直接刺激する難易度の高い行為です。しかもあらゆる感染が起こりやすい粘膜同士の接触もあります。そう考えると、アナルを弄る時と同じように、まずは衛生面・安全面を見直すことがファーストステップです。

衛生面・安全面の見直し

たとえば性感染症対策について。性感染症の検査を受けたことがありますか?また、パートナーが最後に検査を受けたのはいつか知ってますか?お互いに検査をしていて完全にクリアだと分かった状態でするセックスと、頭の片隅で不安に思いながらのセックスだと、解放感が全然違いそうじゃないですか?コンドームに関してもそうです。隙あらばコンドームを着けずに挿入しようとしてくる、袋を歯で開ける、装着が下手でシワが寄る、途中でズレているのに付け替えないなどの姿を見せる人と安心してセックスできますか?
当たり前に安全なセックスをしていくために、一度真正面から向き合って話すことが大事だと思います。避妊と性感染症予防について一緒に勉強して、2人で検査を受けに行くのもおすすめです。

前後の連載記事