コロナ破局するカップルの特徴は?オンラインセックスのテクニックが命

ミカコちゃん:「ねぇねぇイシジマ、AM読者様の中で一番、コロナ破局を回避したがっている女性って誰?」
担当編集I嬢:「こんなことになるならもっとヤリ溜めしておけばよかったですね」

今週のテーマは「コロナ破局」です。コロナ破局といっても「コロナビールは贅沢品!」「発泡酒で充分!」と、ビールの銘柄を巡っての破局のことではありません。コロナ騒動が影響で破局したカップルのほうです。

もちろん、全てのカップルが破局に至るわけではございません。例えば芸能界はこの1年、結婚ラッシュでしたよね。生田斗真クンと清野菜名ちゃんとか、瀬戸康史クンと山本美月ちゃんとか、松坂桃李クンと戸田恵梨香ちゃんとか。

私たち一般ピープルの中にでも、世間サマが物騒な雰囲気だからこそ、誰かと支え合いたいってキモチから、より絆が深まったカップルも確かに存在するはず。「お互いに月収やボーナスが減ったぶん、一緒に棲んじゃったほうが経済的じゃん!」と、同棲や結婚に至るパターンだってあるでしょう。これぞ、災い転じて福と成す! 

一方で、泣きっ面に蜂な人もいるでしょう。コロナ騒動で大なり小なりストレスや現実的損害を被っているうえ、恋人とも破局だなんて、何の罰ゲームだよ! 

コロナで破局するカップル、しないカップル

今こそ全ての日本国民に問います。

コロナ破局するカップルにはどのような特徴があるのでしょうか? 

そんなことも知らずに、やれ「コロナ破局後のほうがむしろ勝負」とか「新規で出会おうにもナンパ市場も合コン市場もマッチングアプリも閑散としているからなぁ」などと言っている日本人のなんと多いことか。

しかしミカコちゃんは知っています。コロナ破局するカップル達に共通する特徴は……!? 

「オンラインセックスに限界を感じたから」です。

まずはコロナ騒動をどう捉えているか、ここですでに価値観の分かれ目となります。どちらか一方が「自粛を徹底すべき!」だとしても、もう一方が「恋人と会うことは不要不急の外出に該当しない」と捉えている場合もあるでしょう。男女共に後者であればノープロブレムなのでしょうが、どちらか1人でも「自粛徹底派」であったり、もしくは2人共が自粛徹底派だと、会わない期間がしばらく続くことになります。

前後の連載記事