Loading...

彼に「挿入でイキたい…!」とお願いしてもいい?プレッシャーのないセックスのために

挿入でイキたいと伝えてもいい?

今週も読者の方からの質問にお答えします!

指での愛撫だと中でイケますが、挿入でイッたことがなく、物足りなさを感じています。一緒に開発することを彼氏にお願いしたいのですが、挿入でイケるようになりたいと伝えるのはプレッシャーになってしまうのでしょうか。また、自分自身へのプレッシャーにもなってしまいますか。

挿入中にイクことは多くの人が望んでいますが、そのためには腟内への刺激でイケること、ある程度リラックスして臨むことが必要です。それに加えて、自分の感覚の変化などを相手に伝えること、必要な刺激を調節してもらうことで達成しやすくなると思っています。「挿入でイケるようになりたい」と伝えるのもいいと思いますが、イクことが目標のセックスは仰る通りプレッシャーになる可能性があります。

「あれ?フェラが楽しくないぞ?」と思ったとき

昔、一日に何回射精できるかチャレンジしたいというセフレに付き合った時に、数回セックスして疲れた彼に乳首舐めとフェラと手コキでサポートしたんですけど、何度も射精してるとなかなか射精しないんですよね。それでもラスト一発のために必死にフェラしていると、ふと「あれ?フェラ大好きなはずなのに全然楽しくないぞ」って思ったんですよ。相手が「気持ちいいからもっと欲しい」と感じている時には、気持ちいい・嬉しい・ありがとうが伝わってくるので、顎が取れそうになっても続けてあげたいと思うんですけど、伝わってくるのが「射精したいから頑張ってくれ」だと途端に楽しさが半減してしまいます。急に彼のことが1人よがりの傲慢な人に思えてしまってしまいました。

協力してもらえることでイケる可能性が少し上がるとはいえ、セックスの楽しさをキープできるかが大事なポイントになると思うんですよね。イケずに終わった時に笑顔でピロートークできるのかどうかです。イケなかったとしても「さっきのあれ凄く気持ちよかった」「あの体位の時もう少しでイケそうな感じがしたんだよね」「今度はこうしてみよう」と明るい気持ちで話せるならいいんですけど、もしも「私は頑張ってたのにあなたは自分だけイッてスッキリしてる」と責めたい気持ちになったり、「私が悪いのでは(下手なのでは)…」とどちらかが落ち込んでしまっては、それまで楽しくできていたセックスがプレッシャーになってしまうかもしれません。

前後の連載記事