マッチングアプリで盛り上がる話題は?2人で「かじるバターアイス」を狙え!

ミカコちゃん:「ねぇねぇイシジマ、AM読者様の中で一番、マッチングアプリでの話題選びに悩んでいる女性って誰?」
担当編集I嬢:「複数人とやりとりしてると、同じこと2回聞いて気まずくなるときがありますよね」

今や現代人の出会い方としてすっかり市民権を得ているマッチングアプリ! 自宅のソファでゴロ寝しつつ、家から一歩も出ることなく出会えちゃうのですから、なんてお手軽なのでしょう。マッチングアプリという制度を発案した人にノーベル賞贈りたいくらいです。あいにくミカコちゃんにはノーベル賞を贈る権利がないのですが……。

さて、マッチングアプリと、ひと昔前の出会い系サイトには明確な違いがございます。ひと昔前の出会い系サイトだと、男性側はヤリモク狙いで、女性側はお小遣い稼ぎ感覚が強かったかと。そのため、サイト上で繋がってから会うまでは超・時短! チャチャッとメッセージ交換し、数時間後には待ち合わせしてドッキングに至るのが出会い系サイトです。

一方でマッチングアプリは、直接会うまでに平均で1ヶ月ほど、メッセージのやりとりを交わすのが慣習となっています。お互いに「ヤリモクやサクラやネズミ溝ではない」という確信を得るためには、やはり1ヶ月ほどの日数はかかるってことなのでしょう。

1ヶ月間メッセージのやりとりをすることで、お互いにヤリモクやサクラやネズミ溝ではないと確信できるメリットの一方で、デメリットもあります。会ったこともない者同士が1ヶ月かけメッセージのやりとりをするのですから、話題が尽きてしまうのです。会う前に話題が尽きてしまっては、会おうという流れにもなりにくいわけで、そうなるとその先にある真剣交際は夢のまた夢。

マッチングアプリで盛り上がる話題とは?

このように、多くのマッチングアプリ利用者が話題選びに悩む中、1ヶ月間話題が枯渇することなく、むしろ大いに盛り上がっている男女も存在します。メッセージの段階で盛り上がっているのですから、いざ会ってからも関係性は盛り上がりやすく、その流れで真剣交際にも発展しやすい、マッチングアプリの勝者たちです。

マッチングアプリ勝者の話題選びにはとある共通点があります。彼ら・彼女らは今ヒットしているコンビニ商品の話題で盛り上がっているのです。ここ最近だと赤城乳業の「かじるバターアイス」とか。

今こそ全ての日本国民に問います。

なぜマッチングアプリでは今ヒットしているコンビニ商品の話題が真剣交際に繋がりやすいのでしょうか? 

そんなことも知らずに、やれ「コンビニヒット商品といえば、元祖はローソンのプレミアムロールケーキ!」とか「セブンイレブンのホットビスケットも一世を風靡したなぁ」などと言っている日本人のなんと多いことか。

しかしミカコちゃんは知っています。マッチングアプリ経由で真剣交際に発展している男女が今ヒットしているコンビニ商品の話題で盛り上がっている理由は……!? 

「入手困難なぶん話題として長持ちしやすいから」です。

前後の連載記事