股間のニオイをさせないためには

服を着て日常生活を送る上で、汗や皮脂が股間からも出ることと、腟内の自浄作用でおりものが多少出ることで、若干酸味のあるニオイがするのは普通です。それもセックス前に洗えば気にならなくなります。ただし、私が遭遇した臭いちんこのように、汚れを落としきれずに蓄積させてしまうと、女性も大変なニオイを発してしまうと思うんですよ。男性の竿と包皮の間に溜まる恥垢は、女性でいうとクリトリスとクリトリスの包皮の間、大陰唇と小陰唇の間の溝に溜まりやすいです。その存在を知らずに適当にザーッと洗っている場合は、クリ皮の間や溝の間の恥垢を残したままお風呂から出て、垢の残った股間をパートナーに晒しているかもしれません。クンニや手マンをたっぷりしてもらうためにも、セックス相手に嫌な思いをさせないためにも、自信を持って差し出せる股間の洗い方を知っておくといいと思います。大事なのは汚れの溜まりやすい場所を把握し、汚れを残さないように意識することです。最近ではデリケートゾーン専用のグッズが充実してきていますが、特にソープとウェットシートは持っておくといいと思います。私がリピート買いしているものはこちら。

*irohaインティメートウォッシュ(フレッシュジャスミンの香り)
*アルジタル デリケートハイジーンソープ
*irohaインティメートシート

デリケートゾーン専用のソープは、粘膜に刺激を与えずに外陰部の汚れを取るのに適しています。泡を立てたら、片方の手でクリトリスの皮を上に引き上げ、もう片方の手で優しく洗います。大陰唇と小陰唇の間の溝も指を往復させて泡で汚れを落とします。その後にお尻の方も忘れずに洗ってください。ウェットシートは、セックス前にお風呂に入ったのにどうしてもトイレに行きたくなった時、尿やトイレットペーパーを残さないために使うといいですよ。他にも、パートナーがセックス前一緒にお風呂に入りたがるけど目の前で股間を念入りに洗いにくい時も、お風呂に入る前に汚れやすい部分だけウェットシートで拭っておくのにも使えます。irohaインティメートシートは特に大判で拭きやすいのとトイレに流せるのが便利で、いつもバッグに入ってます。

股間の洗い方を知っていれば安心してセックス相手の前に晒せますし、クンニや手マンの気持ちよさにも没頭できます。きちんと洗えていても自分で気になる程度にニオイがする人や、ニオイがするんじゃないかと気になる人は、婦人科で性感染症の検査を一式やってみましょう!異常ナシなら安心できるはずですよ。

Text/Betsy

前後の連載記事