地雷に当たって思う、セックス前の股間はキレイに!洗い方とおすすめグッズ

洗ってない股間は臭い

いつもこの連載内では「セックス前は股間を清潔に」を前提に書いています。エチケットとして、ウイルスや細菌などの感染予防のためにも、股間だけでなく体全体を洗ってからセックスする方がいいと思ってます。

でも本当は扉を閉めて二人きりになったら一刻も早くセックスしたいんですよ。手洗いうがいを済ませてすぐにベッドに滑り込みたいです。お風呂なんてダラダラ入ってる暇はありません。そのために逆算して、自宅を出る直前にお風呂で丁寧に体を洗い、遅くてもパンツを下ろす30分前までにはトイレで最終チェックをして、股間を相手に晒せる状態にしています。

当然、自宅やホテルで待つセックス相手は、私が到着する直前にお風呂に入っているんです。ホテル周辺で待ち合わせる時も、家を出る直前にお風呂に入っているはずです。食事を挟んでホテルに一緒に行く場合なら、仕方なくお風呂に入ってからセックスする流れになりますが、ほとんどの場合は、ホテルでいきなりパンツを下ろしてもそこそこ清潔な状態でセックスできてしまうんですよね。でも何度か地雷を踏んだことがあります。

パンツを下ろすと衝撃の事件が

ある時、数回セックスしたことのある人とホテル近くで待ち合わせしました。当然家を出る直前にお風呂に入っている計算です。部屋に入って早速イチャつき始め、パンツを下ろし、玉の方からぺろり。徐々に舐め上げていって、皮を剥いて亀頭をぺろり…。「ウッ…!!(うわぁぁぁぁぁぁっ!!!臭い!口の中が臭い!臭すぎて息ができない!やばいやばいオェッてなりそう…もしかして今舐めたの公衆便所?え?)」

そうです。彼は出かける直前にお風呂に入っていなかったんです。衝撃的な臭さに私はパニック状態になりかけていました。そして、舌で舐め取ってしまった臭いの元凶をどうやって口の中から出すのか、5秒前に始めたばかりのフェラを早めに止めるために何を言えばいいのか、逆に鼻呼吸を止めて絶えず唾液で洗い流した方がいいのではないのかなどと涙目で考えました。それから、脚の付け根や玉を再び舐めることで口の中に入ってしまったニオイの元凶とそれを含む唾液を股間周辺に塗りつけ、思い切ってダイナミックにフェラしながら唾液で竿を洗う方式を取りました。 そんな地雷案件がこれまでに3回ほどありました。その度に「これからは絶対に!絶対に!お風呂で股間を洗うのを見届けてからじゃないとフェラしない!」と誓うのですが、性懲りもなくまた即尺(洗わずにフェラすること)しちゃうんですよね。

女性の股間は…?

ついつい忘れてしまいがちですが、股間はやっぱり洗わないと臭いものなんですよね。それは男女共通です。よく男性が「たまにすげー臭い子いる」「手マンでついたニオイが取れない」とか言いますし、私も「クンニしてもらいたかったらまず股間を洗おう」と日々SNSで発信しているので、自分の股間がものすごく臭かったらどうしようと悩んで相談してくる人もいますが、そんなに怖がることではないです。

だって手についた股間のニオイが取れないレベルだったら、下着にも強いニオイが残るはずなので自分でわかると思うんですよ。手マンされた後の彼の手が顔に近づく度に匂うはずです。正常位で動く度に股間付近の空気が上がってくることでも気付くはずです。だからセックス中に強いニオイを感じたことがなければ大丈夫だと思ってます。

前後の連載記事