「んっ、はあ…もう我慢できない…」余裕な彼が漏らしてしまう瞬間

カレが自分の中でイってくれない……そんな悩みを持つ人は多いんです。相手の「遅漏」という言葉は信じられず、自分に何か問題があるのではと不安に陥りがちだとか。今回はそんな状況から脱すべく、自分の「膣圧」を鍛えようと思い至った女性の話を紹介します。彼女の人生で二人目の彼氏がセックス時に豹変した理由とは?

彼が中でイキづらいのは私のせい!?

LCラブコスメ 官能 小説 LCジャムウデリケートパック インナーボール

(もしかして、私ってユルイかも……?)

 そう思い始めたのは、人生で二人目の彼ができてすぐだった。

 前の彼は、実は私の中でイったことがなかった。最後はいつも口でしてあげるのがフツー。だいぶ年上だったし、彼自身も「俺、イキづらい体質なんだよね」なんて言っていたから、そういうものだと思っていた。

 でも、次の彼――つまり今彼も、同じだった。中でイってくれることもあるけど、2回に一度ぐらい。しかも、なかなかイカないときは、彼から挿入をやめて

「やっぱり舐めてイカせて」

なんて言われることも……。

 今彼も自分では遅漏と言っているけれど、それにしたって二人連続って…。問題は私のほうにあるんじゃ……と思ってネットで検索してみた。

そこで初めて知ったのが『膣圧』という言葉。膣の締まりの強さのことだが、男性は挿入した瞬間、『膣圧』がわかり、同時に気持ちよさと相性も感じ取るらしい。つまり、私はもしかしたら一般的な女性よりもこれが弱いのかもしれない…ということだった。

さらに、知らなかったのが、男性が離れない女性はこっそり『膣トレ』というものをしているということ。膣圧をトレーニングで、なんとセックスの相性が格段によくなっているのだとか!

(そうか!)

自分がゆるいということではなく、単に今まで『膣圧』をケアしていないだけだったのか!

そのままLCラブコスメという通販サイトで、手軽にできる膣圧ケアのセットを購入。商品が家に届いた夜、さっそく試してみた。

 膣圧を鍛えるインナーボールというものは、ピンポン玉よりひとまわり小さいボールがひょうたん型に二つ連結しているもの。これを椅子に座ったり、仰向けになったりして、ひとつずつあそこに挿入する。

 セットになっている「LCジャムウデリケートパック」を塗りこんでから、全身の力を抜いて、ゆっくりと膣の中へ……。

「ん……入った!」

意外とあっさり入ったので、お尻の穴に力を入れてみる。中に挿入したボールを落とさないように維持する、この膣の中に力を入れる感覚は、確かに今までに鍛えたことがないものだった。

大好きな彼に、中でイッてもらうだけではなく、悶絶するような快感を私の中で味わってもらいたい。その目的に向けて、私はインナーボールとジャムウデリケートパックを使い、『膣トレ』を続けた。

始めはお尻の穴しか意識できなかったけれど、トレーニングを続けていくうちに、だんだんと膣が「締まる」という感覚まで分かってきた。
感度が高まる?セックス準備