ねっとりとした舌の動きに「は…あぁぁっ」彼の欲情スイッチが発動した夜

同棲をはじめて一年…平日夜は一言「おやすみ」と頑なまでに鉄壁を貫く彼。そう、世間でいうマンネリ化してしまった夜の生活を少しでも改善したくて、「ベッド専用香水」を手にした私に、彼は少しでも欲情してくれるのだろうか…。ベッド専用香水「リビドーロゼ」使用者の実体験を基にうまれた官能小説。

LCラブコスメ 官能小説 リビドーロゼ マンネリ エッチ カップル

同棲を始めて一年。
平日よっぽどのことがない限り求めてこない…それが私の彼である。
たった一年。これが世間でいう『マンネリ』なのだと実感した。私が早く帰ることができた平日は、エッチな時間を過ごしたくて、部屋を暗くしベッドでそっと彼に寄り添ってみる。

でもダメ…平日鉄壁の彼は一言。

「じゃ、おやすみ」

いつしか、この「おやすみ」をベッドで言われたら『今日はエッチなし』という彼の合図になった。

疼く心が満たされない物足りなさと、そんな気持ちを抱いているのに言葉にして誘うことのできない自分。気づけば、ネットでマンネリやセックスレス解消の記事ばかり目で追っていた。そんなときに目にとまったもの。

『ベッド専用香水…?』

それは、男性の衝動のスイッチをONにするという香水だった。コレで彼の衝動を駆り立てられるの?ネット通販じゃ香りも分からないし…。

正直、信じていなかった。でも、切実な悩みが香水1つで解決できるのならば…そんな気持ちで買い物のボタンを押していた。

次の日、すぐに香水は届いた。でも、その日は彼の帰宅が遅く、シャワーを浴び終わった頃には深夜1時過ぎ…しかも彼は前日寝不足。いつもだったら確実にエッチなしの『合図の日』。

でも、どうしてもすぐに試したくて…プシュ。

『甘くて女性らしい、いい香り…』。首筋や内ももなどに軽くつけて、淡い期待とともにベッドに入った。

「おやすみ」

…好みの香水がひとつ増えたと思えばいいか……でも…
涙目になりそうで、そっと体を横に動かして寝ようとしたそのときだった。

『ん……っ!?』

急に彼が腕をまわし、突然のキス。

舌が唇を強引にこじ開ける。独特のぬるりとしたぬくもりが侵入してきた。しつこく私の舌に絡みつき、逃げようとしても離してくれない。いつもと違う…強引だ。
強引なキスで濡れたい