オーガズムフル・ライフ

潤滑剤はテーブルにある塩コショウと同じ!「性交痛」をカジュアルに緩和

慣れてきたはずなのにまだまだ彼とのセックスが痛い。そんなとき素直に「痛い」や「今日はちょっとしたくない」気持ちを伝えることができていますか?セクシャルなコミュニケーションはセックスの要。痛みを緩和するためにも潤滑剤を使うことを提案できる雰囲気づくりからはじめませんか?

OLIVIA オーガズムフル・ライフ セックス コミュニケーション 性交痛 濡れない 加齢

 こんばんは!OLIVIAです。
セックス・コミュニケーション能力を磨くシリーズ化してお伝えしています。
セックス・カウンセリングをしていると思うのが、「セックスはコミュニケーションが9割」ということ。
ふたりの間で、「したい/したくない」「快/不快」をうやむやにせずに、きちんと意思の疎通をしているカップルは、ストレスフリーな性生活を営んでいます。
あなたは、彼とセクシャル・コミュニケーション取れていますか?
今回のセクシャル・コミュニケーションは…

☑「痛い」「今日はしたくない」は、角を立たないように伝えられる

性交痛の6つの原因

 セックス中の不快感を我慢すればするほど、セックス自体に嫌悪感を抱いてしまいます。
改善の方法がわからずにやり過ごしていると、「もう、したくない。セックスしなくたって生きていけるし…」と「セックスを諦める」という方向にベクトルが向いていくでしょう。
不快感の中でも、「セックスが痛い」という性交痛のお悩みを抱えている女性からの相談は多いです。
「毎回痛い」というわけではないけど、「たまに痛い時もある」という女性もいます。
私も経験あります。
ひとくちに「性交痛」と言っても、原因は、ひとそれぞれなんです。
コミュニケーションを見直す前に、性交痛の原因を探ってみましょう。

性交痛の原因1:潤い不足
性交痛の原因2:外陰部の巻き込み事故
性交痛の原因3:ペニスとサイズが合わない
性交痛の原因4:テクニック不足
性交痛の原因5:婦人科系疾患
性交痛の原因6:メンタルの問題

 主にこの6つの原因が考えられます。