Loading...

バイブはコンセプトが命!日本のラブグッズを変革した海外4ブランド

 新生活、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
新入社員の方々は、そろそろ初任給を受け取った頃ではないでしょうか。
私も去年の今頃に初任給をいただいたのですが、研修しか受けていないのにお給料をもらえることに驚きました。

 その初任給で家族に食事をご馳走し、祖父母にプレゼントを渡し、自分には数種類のコンドームを金額気にせずに購入しました。が、翌月からはガッツリ税金が引かれてびっくり…なんてこともありました。
初任給の使い方はそれぞれですが、この機会にラブグッズの扉を開いてみるのも良いものですよ。

みき ラブグッズ バイブ アダルトグッズ Tim Pierce

 さて、先日、職場の男性とバイブの話しになりました。
女子のラブグッズ事情を話したところ、「え、そういうのって彼氏に買ってもらうものじゃないの?」と驚かれました。
うーん、いわゆるアダルトグッズはそうかもしれませんが、今は女性でも買いやすいラブグッズはたくさんありますよね。また、女性専用のラブグッズコーナーがあるお店も増えてきました。

 例えば、「大人のデパートエムズ」さんにはラグジュアリーなラブグッズ専用のフロアがあって、実際に触って確かめることができます。ラブグッズだって進化しているんですよ! と熱弁しました。
ということで、今回は、女性が買いやすいラブグッズの土壌を作ってきたであろうブランドをご紹介します。

ラブグッズにブランドという概念を!
元祖ラグジュアリーラブグッズのブランド「LELO」

 2003年にスウェーデンで誕生したセックストーイブランドの「LELO」
「LELO」のラブグッズの販売数は数百万とも言われていて、世界中で多くの人が使用しています。今までのラブグッズと一線を画したゴージャスなデザインは、日本に輸入されて間もなく話題沸騰となりました。
24Kを使用したラブグッズを発売するなど、ラグジュアリーでありつつ常に話題性も備えています。

みき ラブグッズ バイブ アダルトグッズ LELO「SORAYA」

 中でも一番の人気は「SORAYA」というハイエンドなバイブで、とっても軽いのが特徴。

 シリコンコーティングされたボディは肌触りがよく、空洞部分に指を入れられるので、なんの苦もなくスルッと挿入できます。しかも、挿入時にクリトリスも刺激するダブルモーターを搭載しているのにとても静かなので、日本人のラブグッズ需要とマッチして、2011年の発売以来、ロングセラーとなっています。

 少し大きめなのでローションが必要ですが、ゴージャスでラグジュアリーなラブグッズを使って中イキしたい! という方には断オススメです。

前後の連載記事