過去を取り戻したところで、もう同じものではない

LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」の記事をご紹介!トロントに暮らすゲイのキャシーさんのセックスや恋愛に関するコラムです!今回は「倦怠期に感じること」について。付き合いたてのカップルや長い付き合いの2人に訪れる倦怠期。果たして、倦怠期という言葉は正しいのか?ただ単に「過去の自分」に浸っているだけではないですか?

こちらの記事は、LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」の記事をAMでご紹介させていただいています。

【LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」はこちら!】

LGBT ゲイ キャシー カナダ トロント 2CHOPO 恋愛
by キャシー

「出会ったばかりの頃の情熱を取り戻したい!」

 最近ときめきがないという友達は倦怠期脱出を目指していた。
デートでよく行ったレストランで食事して、お互いに勝負パンツを履いてセックスに励んで、昔のように頻繁なメール交換を試みたが、過去と同じようなシチュエーションに身を置いたところで違和感は拭えなかった。

 今を生きる二人が数年前の自分たちを真似たところで、あの頃に感じた情熱は蘇らない。
非常に残念な話に聞こえるが、それは二人の関係が成長したという証拠でもある。
むしろ、そんな成熟した関係が倦怠期に見えてしまう視点こそが問題なのかもしれない。

 過去は輝いて見えるものだ。今の現実が過酷なら、より一層過去の自分に惹かれる。
過去に生きる幸せそうな自分と、今まさに苦しんでいる自分を比べては、そのギャップに落ち込んでしまうこともある。
思い出は都合よくネガティブな部分をカットしてくれるみたいだ。

 それとも、人間は目の前にあるポジティブな部分になかなか気付かない生き物なのかもしれない。
理由はどうあれ、過ぎ去った日々を懐かしむのはとても自然な感情だ。
カーペンターズの『イエスタデイ・ワンス・モア』を聴いて目頭が熱くなるのは自分だけではないと信じたい。