気になるならデートに誘ってしまえ

こちらの記事は、LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」の記事をAMでご紹介させていただいています。

【LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」はこちら!】

LGBT ゲイ キャシー カナダ トロント 2CHOPO 恋愛
by キャシー

 結果ばかり考えてしまって行動に移せない。
最近そうやって足踏みをすることが増えた気がする。

 まだ何もしていないのに、既に失敗の光景を頭の中で思い描いてしまう。
頑張って全てがうまくいった時の光景を想像しようとしても、それが現実にならなかったらどうしようという不安に邪魔される。
歳を取って、経験を積んで、賢くなったと思ったが、逆に考え過ぎて機会を逃している
前だけを見て足を踏み出すという習慣を身に付けたいが、なかなか癖が直らない。

 どうやらこれは自分だけの悩みではないようだ。
ホームパーティで素敵な人と知り合った友達はキッチンでテキーラをショットグラスに注ぎながら難しい顔をしていた。

「デートに誘うか否か……?」

 友達が指差す方向をこっそり見てみると、ファッションセンスの良いイケメンが立っていた。
あんなにルックスが良い人から相手にされるわけがない。
服にお金をかける人だから遊び人だってこともある。
ホームパーティで彼をデートに誘ってフラれたらみんなの笑いものだ。
デートに誘いたいのに、頭の中の声に止められて友達はジレンマに陥っていた。

 言い訳を並べてデートに誘わない選択を正当化しようとする友達の姿はまるで自分自身を見ているかのようだ。
負の感情と直面することから逃げたくなるのは人間の性なのかもしれない。