あなたとはしたいけど、これはしたくない

LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」の記事をご紹介!トロントに暮らすゲイのキャシーさんのセックスや恋愛に関するコラムです!今回は「伝えること」について。みなさんは、セックスの時に「してほしくないこと」をパートナーにしっかりと伝えられていますか?

LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」の記事をAMでご紹介させて頂けることになりました!
今回は、キャシーさんの「セックス・アンド・ザ・キャシー」の記事です。

LGBT ゲイ キャシー カナダ トロント 2CHOPO 恋愛
キャシー

 会ったばかりの人と赤ワインを飲みながらロマンチックな会話を楽しんでいた。
彼が住む高層マンションの広いワンルームは綺麗に片付けられていて、私たちが座るソファーは観葉植物に囲まれていた。
数少ない家具や壁にかかったアートはどれもセンスが良く、そんなお洒落な空間にメロメロになっていた。
話のネタもいつのまにか尽きて、目と目が合って、急に空気の温度が変わった。
ワイングラスをテーブルに置くと、相手の顔が近づいてきた。
さっきチーズいっぱい食べたけど息は大丈夫かなという心配をしながら、自分も勢いに任せて顔を近づけた。

 痛っ!

 素敵なキスを期待したのに、予想外の痛みを唇に感じた。
相手の鋭い歯が食い込んでいる。
キスするときに噛む人は彼が最初ではない。
これまでにも数人噛むのが好きな人と出会ったことがある。
キスの最中に噛みたい衝動を否定するつもりはない。
時と場合によってはとてもセクシーな行為だ。
しかし、個人的にキスは噛まない派である。
いきなり噛んできた彼を怒るつもりもない。
事前に噛むか噛まないかという会話を怠ったから、お互いに責任がある。

「悪いんだけど、噛むのはナシでも大丈夫?」

 キスを中断してストレートに思ったことを彼に伝えると、曖昧な頷きをもらった。
彼はわかってくれたのだろうか。
そんな微妙なコミュニケーションじゃわからない。
そして、すぐにまた抱きついてキスを続行したい彼。
もう一回ここで彼を止めるのも気まずくて、伝わったと信じることにして彼の口に唇を近づけた。