イライザの女の渇き研究所

謎のラブグッズ「姫なかせ」!セックスレスの救世主となる!?

「姫なかせ」というクリーム。これはお姫様を泣かせるための品物ではありません。江戸時代のお姫様が自分の姫のために使用したと言い伝えられております。現代に置き換えれば、セックスレスなどの際に大活躍する伝統の一品、それが「姫なかせ」なのです。

 こんばんは、イライザです。

 皆様バレンタインデーお楽しみになられましたか?
わたくしは、性なるバレンタインデーと称して、日々お世話になってる皆様に、お手紙を添えて「ところてんと突き棒」を送付しておりました。

 みなさまもお渡しした相手にきちんと想いが伝わったかは、わかりませんが、3月のホワイトデーにはきっちり男性からプレゼントをもらいましょうね。

 あ、でもその前に、やってくるのが3月3日の「ひなまつり」
ということで今回はそんな「ひなまつり」にぴったりの商品「姫なかせ」をご紹介。

「姫なかせ」

 商品説明サイトには、下記のように記されています。

「姫なかせ」というクリームですが、姫様を泣かせるための品物ではありません。
江戸時代のお姫様は、政略結婚などで抱かれたくない殿様に抱かれなくてはいけないという事で、当然、泣くべきところが泣かないのです。
そうなると殿様はご機嫌が悪くなってしまいますので、姫様が自分の姫のために使用したと言い伝えられております。
それが「姫なかせ」なのです。”

 な、なんかすごそうですね。でも時代は移ろいでいるので、現代を生きるセックスレスに悩む友人との猥談とともに使用感をご紹介。