男を狩る7つの方法!パリジェンヌが教えるユニークなテクニック

パリ在住の著者が知ったフランスならではのラブ&セックスのテクニック。日本ではまだ知られていない驚きの方法を特別公開!一歩先ゆく恋愛をしたいなら、是非このコラムを読んでくださいね。

AMパリ支局がお送りする 結婚と幸せの方程式 中村綾花 口説き
c2011 CBS FILMS INC

今回は、仏ELLEより実践的な7人のパリジェンヌたちによる「男性の口説き方」をご紹介しようと思います。

ぐずぐずとした前書きよりも、いざ本題へ!

1.「近寄りがたい女を演出する」

 男を誘惑するのに「近寄りがたい女」になるのは変だと思うかもしれないわね。でも、私は気に入った男にはいつも冷たい態度をとるの。
もちろん、どんな男性にも効果があるわけじゃなくて、そういう私に興味をもっている男性に効くわけだけどね。
これは男に「なんでこの女は俺に冷たいんだ!」って注意を引かせるテクニック。近寄りがたい女を演じる事で、相手の男を試す意味もあるのよ。

(ルイーズ/24歳)


2.「男に夢を売る」

 気に入った人と話がうまく進んだら、なるべく早い段階で私のアパートに連れ込むの。
最上階に位置する私のアパートには小さなテラスがあって、クールなエリアだから。ここで食事デートするもよし、初めての密会にも最適。
私の素敵な住処に最初のデートで招待することで感動してくれるの。

(サビーヌ/31歳)


3.「女友だちを使う」

 女友だちと飲みに行くとき、気になる男に目星をつけて友人たちと私で彼に近づくの。
もちろん、彼はいきなり複数の女性に囲まれて動揺するし不安になるわね。
だって、3人とか4人の女性対彼1人なんだし。
でもだんだんと会話が弾んで来たら、友人は離れて私と彼の二人だけになるというわけ!
(マチャ/27 歳)

4.「ユーモアで挑む」

私の女友達は、いつも「冗談まじりのトークでは男性は口説けない」っていうの。でも、私は反対だと思うの。
男性たちは、ユーモアのある会話にはとても敏感 。
もし、私が男性を口説く時は遠慮なく、堂々とジョークを交えて面白い話をするわ。

(マリ/36歳)